TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
それは彼の時計ではありません【3】

前回のつづき。

翌日、竜馬は再び生活指導部に足を運び、先生に結果を尋ねた。

「もう一人の生徒に君が言った2つの特徴を聞いてみたよ。そうしたら彼はその特徴を全く知らなかった。そしてついに白状したよ」

こうして彼はやっと自分の腕時計を取り戻すことができたのである。

私はこの話を聞いていくつかのことを感じた。まずこの腕時計はいくらくらいする物なのか。彼に頼んで実物を見せてもらったところ、別にロレックスやオメガなどの高級時計という訳ではなく、いたってシンプルなシチズン製であった。「これって1万円くらい?」と尋ねたところ、「いや、7〜8万くらいしますよ」という。

私には分からなかったが、今回「その時計は俺のです!」と言いに来た生徒たちはこの時計の価値を知っていた可能性が高い。目の利く生徒が多いのはさすが進学校だからだろうか。しかもこのうちの1人は、文字盤の裏に書いてある情報まで先生に伝えたと言うのだから、かなりの下調べをして本気で手に入れようとしていたことが分かる。

高校生にしてかなりの目利きで、そして目的に向かって入念な準備をする姿にはある意味感服するが、生活指導部が相当にお灸を据えて説教しないと、こういう子こそがオレオレ詐欺のような知能犯に向かってしまう可能性が高いのではないかと感じた。

ちなみに、残り2人のうち1人は本当に腕時計をなくしており、後日、彼の腕時計も生活指導部を通して無事に返却されたそうである。しかし、その腕時計は竜馬の腕時計とは似ても似つかぬデザインのものだったらしい。このからくりは何となく予想がつく。

よく雨の日にコンビニなどで自分の置いておいた傘がなくなっていたら、「俺は確かにここに1本傘を置いておいたんだ。だからこのうち1本は俺が持っていく権利があるはずだ!」というよく分からない心理状態に陥ることがないだろうか?私が思うに、その生徒はきっとこの心理状態になってそんな行動に出たんではないかと予想している。

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
それは彼の時計ではありません【2】

前回のつづき。

翌日、竜馬はまた生活指導部へ足を運んだ。

すると先生が「あの後、改めて他の3人に聞いてみたところ、そのうち2人は(自分の物ではないと)白状した」と言う。しかしやはり「細かいところまで説明してくれた子は、まだ自分のだと主張し続けている」そうなのだ。

竜馬は何とか自分のものであると証明する方法はないものかと悩み、次のように提案した。

「先生、分かりました。そんな裏面にどういう文字が書いてあるかなんて知りませんけど、これは絶対持ち主しか知らないだろうっていう特徴を覚えているので、その特徴を彼が知っているかどうか確かめてみてください」

その特徴というのは、時計についている一番大きなボタンを押すと、針がぴゅーっと先の方まで進んでいき、さらに連続して押すと元の位置までぴゅーっと戻って来るというものである。また、文字盤上にあまり目立たないのだがよく見ると赤い矢印が4ヶ所に刻まれているというものである。

この2点について、「自分の物だ」と主張している人がちゃんと知っているかどうか確認して欲しいと頼んだのである。

(つづく)

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
それは彼の時計ではありません【1】

進学校に通う高校2年生の「竜馬」から聞いた、非常に興味深い話。

ある日、竜馬が学校で腕時計がなくなっていることに気付いた。そう言えば美術の時間に外したかもしれない…いや、職員室に行ったときかな…

そこで彼は落し物を管理している生活指導部へ向かった。そこには落し物の写真を載せたファイルが置いてあり、早速それを確認させてもらったところ、確かに彼のなくした腕時計が載っていた。

「あ、先生!これです、これ俺の腕時計です!」

すると先生はこう言った。

「この時計が自分のだって主張する子、君で4人目なんだよねえ」

えー!ど、ど、どういうこと!?

先生はさらに続けてこう言った。

「今まで来た3人のうち、1人はすごく細かい特徴まで話してくれたよ。裏にこういう文字が書いてありますとか。君はそういうの説明できる?」

竜馬は思わず叫んだ。「そんなの知る訳ないでしょ!!でもこれは絶対に俺の時計ですよ!」

しかし話はらちが明かず、結局「また明日改めて来てくれ」ということになった。

つづく

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
ご先祖様はいつから猿なの?【2】
前回までのあらすじ
人類の祖先が猿であることを知った小学4年のやっこちゃんは大きな衝撃を受けた。そして、ごん太に「私のひいおじいちゃんのひいおじいちゃんとかは猿だったの?」と質問してきた。

「ひいおじいちゃんのひいおじいちゃんが猿」なんてことは絶対あり得ない。それくらいではせいぜい明治時代くらいまでしかさかのぼれないだろう。猿はまだまだ先である。なのでこのやっこちゃんの発言は珍発言のように聞こえるかもしれないが、子供と言うのはまだ人生経験が短く、昔を測る感覚が我々とはかなり違うのである(事実、以前にも同様の出来事があった)。

そういう訳なので、やっこちゃんのことを馬鹿にするのではなく、同じ目線に立って「じゃあ、どれくらい前のおじいちゃんが猿だったのか?」ということを二人で真剣に考えてみることにした。

○前提条件1
猿から「猿人」と呼ばれる人類の祖先が出現したのは400〜600万年前とされている。

○前提条件2
ご先祖様はみな20歳の時に子供を産んだとする。やっこちゃんは正確にはお父さんが25歳の時に生まれた子供だが、このような状況は最近のことであり、江戸時代の女性は20歳を前にして出産することが多かった。もっとさかのぼればもう少し若くなりそうだが、今回は「20歳」で統一することにする。

ではこの2つの条件から実際に計算をしてみよう。

400万年÷20=20万(世代)

なるほど。私たちの20万世代前のおじいちゃんが猿だったんですね……って、それって途方もない数字じゃないですか!

20万世代前のおじいちゃんなんて全くイメージが湧かない。まず20万人という人数が相当なものである。GLAYが1999年に行った野外コンサートで20万人の観客が集まったのが日本記録とされているが、それが全部私のご先祖様で構成された状況である。

そもそも「おじいちゃんの、そのまたおじいちゃんの…」とさかのぼって行く世代の数え方で「万」という単位が登場するなんて思いもよらなかった。やっこちゃんは「ひいおじいちゃんのひいおじいちゃんは猿?」という言い方をしていたが、この言い方をするならば20万世代前のおじいちゃんは「ひいおじいちゃん×7万回」に相当する訳である。

私は今まで「自分のお父さん・おじいちゃん」といった身近な単位でしか昔を測ることのできない子供たちを見て「子供ってしょうがないものだなあ…」と思っていたが、実は「ご先祖様のうち猿だったのは20万世代前」というのを感覚的に理解していない大人も、程度の差こそあれ、本質的に子供と同じ部分があるのではないかと感じた。

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
ご先祖様はいつから猿なの?【1】

先日、小学4年生の女の子「やっこちゃん」と国語の授業をしていた時のこと。

文章中に「祖先」という言葉が出てきたのだが、彼女はボキャブラリーが豊富でないためその意味が分からなかった。そこで「ご先祖様と同じようなもんだよ。ご先祖様は分かる?」と聞いたところ、「う〜ん、偉い人?」と言ってきた。どうやら「敬う対象」というイメージはあるようだが、正確な意味は知らないらしい。

「ご先祖様って言うのはね、例えばやっこちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんとか、そういう人たちのことだよ」

「へ〜、じゃあ、私のおじいちゃんは?おじいちゃんもご先祖様なの?」

「お…おじいちゃん? えっとね、ご先祖様って言うのは普通、もう昔に亡くなったような人たちのことを指すんだよ」

「じゃあ、うちのおじいちゃんも死んだらご先祖様?」

「う〜ん…まあ正確な線引きは難しいところだけど、たとえおじいちゃんが亡くなってもそれはそんなに昔のことにはならないだろうから、ご先祖様って感じじゃないかなあ?」

そんな説明をしつつ、話を国語の文章に戻す。その文章は「人類の祖先は猿であった」ということに関する説明文であった。ここでやっこちゃんが驚く。「え!私たちのご先祖様って猿だったの!?」

そう、大人は当たり前のように考えてしまいがちだが、まだあまり知識のない小学生はこの事実を知ると飛び上がって驚くことも珍しくないのである。

私はこういう生徒を見つけたとき、生き物の歴史を大まかに説明してあげることにしている。まず46億年前に地球が誕生して、最初は生き物なんていなかったんだよ。その後、だいぶ経ってから海の中に小さな生き物が現れたんだね。そしてそれが少しずつ進化して大きい魚になって、その中からちょっとだけ陸に上がるやつが出てきて、完全に陸上に上がれるようになって、羽が生えて飛ぶやつとかふさふさの毛を持った寒さに強いやつなんかも出てきた。そして猿が生まれて、そこから人間が生まれたんだよ。

「じゃあ、私のひいおじいちゃんのひいおじいちゃんとかは猿だったの?」


次回は、この質問に答えるところからです。

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
最後の20世紀少年
先日、小学校6年生の男子(陸くん)と話していた時のこと。「先生って何歳?」と聞かれたので、「え〜っと、ちょっと待ってね。確か32歳か33歳だったと思うんだよね。今年の誕生日で33歳になるのかな?うん、確かそうだ」と答えた。

「え、自分の歳がよく分からないの?」と言われたので、「そういうものなんだよ。僕も陸くんぐらいの時は自分の年齢がよく分からなくなってる大人を見て『この人ボケてるのかな?』なんて思ったもんだけど、いざ自分が結構な年齢になってくると、これが驚くことに、1歳くらの違いなんてよく分からなくなってくるんだよ」と教えてあげた。

「ふ〜ん。ちょっと分かるかも。でも、僕は自分の年齢が分からなくなることって絶対ないよ」「いや、だから今はそう思ってるかもしれないけど、大人になるとだね…」「だって、2000年生まれだからその年を考えればいいんだもん」

えーっ!!!

そうか。2000年生まれの子は西暦の下二桁=年齢なのか!周りにそんな人はいなかったので全く気付かなかった。なんたるカルチャーショック!

陸くんは続けてこう言った。「そう、2000年生まれだから、ぎりぎり先生と同じ20世紀少年だよ。今の5年生は21世紀生まれだからいつも自慢してる。『俺、20世紀少年なんだぜ。ワイルドだろ〜!』って」

カルチャーショックから立ち直り切れてない状態だが、突っ込みを入れさせてもらう。同じ20世紀少年と言ってもらえるのは嬉しいが、私が生まれたのは1979年。君が歴史で覚えた「日中平和友好条約」が結ばれた1978年の翌年なんだ。僕は君にとって「歴史の時代」に生まれた人間なんだよ。ちょっとひとくくりにするのは強引じゃないか。いや、よく考えたら1901年に生まれた人も20世紀少年なんだから、実は人類ってほとんど20世紀少年なんじゃないか。でも、それをスギちゃんのネタに乗せて下級生に自慢してる君はやはり現代っ子だよ。そして、いつか君も「陸さんの代まで20世紀生まれですよね、古いな〜!」とオールド扱いされて、20世紀生まれはあまり自慢にならないことに気が付く日がやってくるんだよ。そう、歴史は繰り返すのだ…


【広告】2012年度生徒さん募集中です。21世紀の日本を担う子供たちを20世紀少年のごん太が責任を持って指導いたします!勉強のことでお困りでしたらぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
鳩サブレとおっくう【2】
前回のつづき。

鳩サブレと言えばよく「頭から食べる?それとも尻尾から食べる?」ということが話題になる。この件に関して私と裕次郎の意見は一致している。その答は「どちらでもない。袋の中で食べやすい大きさになるまで割ってから開封して食べる」というものだ。この方法だと食べかすをこぼさずに食べることができるので、意外と採用してる人が多いのではないだろうか。かわいらしい形をしているので割ることに抵抗がある人もいるだろうが、私は「どうせ食べるのだから…」と割り切ることにしている。

実はこの鳩サブレ、贈答用に使われることも多いからか、袋の中で割れないよう工夫がしてあることにみなさんお気付きだろうか。今度鳩サブレを食べる機会があったら見て欲しいのだが、尻尾の下の部分でビニール袋が圧着されている。これにより鳩サブレは袋の中で動き回らず、割れるリスクを抑えることができるのである(参考ページ)。

話は戻って裕次郎だが、彼は言葉に関しても独特の常識を持っている。先日も「先生、おっくうって言う言葉、知ってましたか?僕、この前の国語の授業で初めて聞いたんですけど、これマジで日本語じゃないですよね?」と言ってきた。「う〜ん、確かにしょっちゅう使う言葉じゃないと思うけど、割と知られてる言葉じゃない?」「いやいや、だって面倒くさいって意味でしょ?それなら面倒くさいって言えばいいじゃないですか。大体、言葉の響きが日本語じゃないですよ。アフリカか東南アジアの言葉みたいじゃないですか」
言われてみればそんな気もする。ちなみに、私は逆に「癒着」という言葉は本当にくっ付いてる感じがするので「これってなかなかぴったりの言葉だよな」と常々思っている。一方、「約束を反故にする」の「反故」という言葉は、なんだか「保護」と音が同じせいで、まるで約束を「守っている」ような気がして違和感を覚える。そう言えば、この「反故」という言葉も微妙に難しい言葉だ。うちの奥さんも知らなかったらしく、先日次のような会話があった(実話です)。

奥さん「動物園に連れて行ってくれるって約束、どうなったの?」
ごん太「ああ、あの約束は反故だよ」
奥さん「ホゴ?ホゴって何なの?」
ごん太「なしってこと。約束はなしだよ」
奥さん「あんた、ボコにするよ」

※ ボコにするとは若者語でボコボコにするという意味です。


【広告】2012年度生徒さん募集中です。鎌倉の銘菓と言えば鳩サブレ、横浜の家庭教師と言えばごん太!気持ちは大きく持ってやっておりますので、ご相談があればいつでもご連絡を☆

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
鳩サブレとおっくう【1】
今教えている生徒に、優秀な進学校(芝)に通っている裕次郎という高校生がいる。彼は頭の回転が速くとても飲み込みが良いのだが、なぜか時々微妙にズレた常識を持っており、そのことを指摘すると「いやいや、先生の方がズレてるでしょ!」と言ってきて、「確かにそうかもしれないよな…」と考えさせられることがある。

ここで少し話は変わるが、先日奥さんと子供と3人で鎌倉に行ってきた。平日であるにも関わらず鎌倉は賑わっており、修学旅行生・年配の人たち・外人さんと、色々な人種が鎌倉を歩いていた。そして、彼らの多くは手に黄色い紙袋を持っている。これぞ鎌倉名物、鳩サブレである。

私は彼らを見て、今さらながら2つのことに気付いた。「ああ、僕たち関東の人間は修学旅行と言えば京都・奈良だけど、関西の人たちはそんな近場に行くはずないから、みんな鎌倉にやって来るんだなあ…」「鳩サブレ作ってる会社ってめちゃくちゃ儲かってるよな…」

そんなことを思い、後日裕次郎にそのことを話したところ、裕次郎は鳩サブレが全国で売られている物だと勘違いしていることが分かった。まあそれはいいとして、じゃあ鳩サブレって全国的にどらくらい知名度があるのか?我々は神奈川県民なので当然知っているが、他の県民は果たして知っているのだろうか?という話題になった。

私はどちらかと言うと懐疑派である。確かに鎌倉銘菓と呼ばれているが、「旅好きの人は知ってる」くらいの知名度なんじゃないか。修学旅行生たちも先輩やガイドさんから「鎌倉と言えば鳩サブレなんですよ」と教えられるから買っているのではないかと。

一方の裕次郎はまるで熱狂的な鳩サブレ信者といった意見の持ち主である。「京都と言えば八つ橋、鎌倉と言えば鳩サブレ。東西の両横綱ですよ!」お前、さっきまで鳩サブレが全国で売ってると思ってたんじゃないのか?あと、京都の八つ橋は色んなメーカーが出してるけど、鳩サブレは豊島屋の一社独占だからやっぱり儲かってるよな…

その後、二人で話している限りこの話題に結論が出ることはなく、今後地方出身者の人に会ったら「鳩サブレっていつから知ってた?」と聞いてみなければいけないなと心に決めたのである。

次回、「鳩サブレは頭から?尻尾から?」につづく。


【広告】2012年度生徒さん募集中です。現在指導中の生徒さんは小学校4年生の女の子〜芝・攻玉社に通う受験生までと幅広いです。家庭教師をお探しでしたら、ぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
小6ミシュラン【後編】

前回までのあらすじ。
小学校6年生の生徒に「デニーズ行くくらいなら僕が教えるちゃんとした店に行った方がいいよ」と言われ、「小6のくせに何を生意気な…」と思いつつもその店へ行ってみることにした。

店の名前が分からない上に、彼が書いてくれた地図はひどいものだったので(曲がらなくてもいいところを曲がれと書いてあったりした)、着くまでに多少苦労したが、なんとか目的の店までたどり着くことができた。外から見た感じではこじんまりとしており、特に変わったところの見当たらないレストランである。

店に入った私は、すぐにこの店が期待を裏切らないであろうことを予感した。店内の一角に川崎フロンターレの選手のサインコーナーが設けられている。例外もあるだろうが、スポーツ選手がグループでやってくる店にまずひどい店はない。

そして何より客層。さほど広くない店内に既に3組の客。手前のカウンター席に上品なジャケットを着た初老の男性。奥の方のカウンター席には落ち着いた雰囲気のご婦人。そしてテーブル席には中学1年生くらいの女の子とその両親。

テーブル席のお父さんが赤ワインを頼む。物腰穏やかなマスターがデキャンタに入れた赤ワインを運んでくる。娘さんが「どうしてこういう入れ物に入ってきたの?」お父さんが答える。「赤ワインは空気と触れさせた方が香りが良くなるんだよ。こうして花が開くみたいだから、ワイン用語では香りが開くって言うんだ」

この客層がいる店でもし伸び切ったパスタが出てきたら、私は怒るよりも先に「大掛かりなドッキリかよ!」と突っ込みを入れてしまうことだろう。私は本当はトマトソースのパスタがそれほど好きではないのだが、ここまで来たら郷に従うしかない。「本日のお勧め」として黒板に書かれている「小エビとホタテのトマトソースパスタ」を頼んだ。

陸くんの言う通り、それはパンとともに運ばれてきた。早速一口食べてみる。麺のゆで具合は完璧だ。小エビも小さいのにプリプリとした触感がある。素材がいいのか、火の通し方がいいのか、あるいはその両方か。トマトソースは酸味が抑えられており、甘くて優しい味付けだ。私は思わず自分の鼻毛が伸びているんじゃないかと心配になってしまった。あとはもうとにかく夢中になって食べた。熱々の状態で運ばれてきたのでもっとゆっくり食べるべきだったが、上あごを軽く火傷しつつも気にせず食べ続ける。最後の「残ったソースつきパン」も陸くんの予言通りの味であった。私はこれまでに「ここ美味しいよ」と色々な店を教えてもらったことがあるが、小学6年生の子に本当に美味い店を教えられたのは初めての経験である。

思い出してみれば彼には以前こんなことがあった。その時は場所が家庭教師センターだったのだが、まず午前中に2時間授業をやり、お昼に1時間の休憩を挟んでから、また午後に2時間というスケジュールだった。この1時間休憩のとき、彼は2駅離れた場所まで電車で出かけていき、何かしら食べてから急いで帰ってきたのである。その時私は「変わった子だなあ…その辺のコンビニで弁当でも買ってゆっくり食べればいいのに…」と思ったのだが、おそらくこの時もどこか美味い店まで出張していたのだろう。子供離れした食への欲求を持つ、おそるべき小学6年生である。

※ 梶が谷駅から徒歩5分ほどのところにある『ベルテンポ』というお店です。みなさんも機会があればぜひ足を運んでみてください♪


【広告】2012年度生徒さん募集中です。レストランは行って食べてみないと味が分かりません。家庭教師も同じことですから、まずはぜひ体験授業でお試しを♪

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
小6ミシュラン【前編】

先日、小学校6年生の男の子(陸くん)と授業をしていた時のこと。

陸くん:
先生、今日は帰り遅いよね。夜ごはんどうするの?

ごん太:
そうね、確かに今日はもう遅いから帰りにデニーズでも寄ろうかな。

陸くん:
デニーズ?デニーズ行くくらいなら、もうちょっとちゃんとした物食べた方がいいよ〜

ごん太:
ちゃ…ちゃんとした物ね…。それならさぁ、陸のお勧めの店を言ってみてよ。

陸くん:
そうですね、ここからだとちょっと離れてますけど、いいパスタ屋があるんです。ここはマジうまいですから。もううま過ぎて鼻毛が伸びちゃいますよ。

ごん太:
(寿司とかならまだしも、パスタでそんなに感動するほど美味いってことあるのか?)へぇ〜、そうなんだ。

陸くん:
まずはトマトソースのパスタを頼んだ方がいいですよ。そしたらパンがついてきますから、残ったソースをパンにつけて食べるんです。これがまた鼻くそが出るくらいうまいですから!

ごん太:
(なんでそんなに鼻ばっかり変化が現れるんだ?小学生が美味いということを表現しようとすると、みんなこういう風になるものなのか?)うん、じゃあ、そのうち行ってみるよ。店の名前は何て言うの?

陸くん:
店の名前は忘れちゃいました。でも今地図を書いてあげますから、そのうちじゃなくて今日行った方がいいですよ。

こうして私は小6の男子に半ば命令されるようにしてそのパスタ屋へ行くことになった…

つづく


【広告】2012年度生徒さん募集中です。もうすぐゴールデンウィークですね。この時期に普段できないことをしてみませんか?体験授業のご依頼をお待ちしております♪

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |