TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
英語が苦手な生徒さん・タイプA

勉強に苦戦する女の子

 

私が前に教えていた生徒さんで、美術の才能があり、希望通り美大に進学した生徒さんがいる。

しかしこの生徒さんは英語がどうしても苦手だった。

まず単語を覚えるのが非常に苦手で、なかなか頭に入らない。そして、頑張って覚えたとしてもいざ思い出そうとすると他の単語の意味とごっちゃになってしまい、泥沼にはまったように出てこなくなる。

私はこの生徒さんにできる限りのアドバイスをした。

・日本語→英語の練習と、英語→日本語の練習の相互を繰り返しやること。
・例文を通して覚えるという手段も取り入れること。
・画像検索を使ってその単語を入力し、ビジュアルからも頭に入れてみること。

劇的に解決した訳ではなかったが、定期テストである程度の点数が取れるというところまでは単語が頭に入るようになった。

その生徒さんに「単語の意味が思い出せなくて混乱しているとき、頭の中はどのようなイメージになっているの?」と少し突っ込んでヒアリングしたところ、以下のようになっていると教えてくれた。

ある単語の意味を思い出そうとしたとき、一度違う意味が頭の中をよぎると、その意味が頭の中を駆け回り始め(ニコニコ動画のコメント弾幕のような感じ)、それのせいで「この意味じゃない!正しい意味を思い出さなきゃ!」と思ってもできなくなってしまうそうである。

特に、例えば英文法のテキストで

・the way S V
(SがVする方法)

・so that S V
(SがVするために)

・in case S V
(SがVした場合)

の3つを覚えた場合、これらは形が視覚的に似ているため、どれか1つを思い出そうとしてもこの3つすべてが一度に頭に流れてきて思い出せなくなるそうである。「1つの英語に対して1つの日本語」という対応で覚えるのが困難で、どうしても画像的に覚える形になってしまうそうである。絵の才能に特化しているため、どうしても頭がそのようなアプローチをしてしまうのかもしれない。こういった生徒さんが単語集を使って単語を覚える場合、似た意味の単語がずらっと並んでいるタイプはどうも合わないようである。

つづく

 

【広告】ただ今 新年度(2017年度)の生徒さんを募集中です。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
以上・以下・未満・??

数学の記号

算数や数学で不等号の考え方が出てきたとき、多くの人がちょっと不思議に思うことがある。

ここで念のため不等号の考え方について確認しておこう。

(1)「5歳以下の子供は無料です」

と言った場合、5歳の子供も含める。つまり、5歳の子供は無料である。

(2)「5歳未満の子供は無料です」

と言った場合、5歳の子供は含めない。つまり、5歳の子供は有料である。

続いて、

(3)「5歳以上の子供が参加可能です」

と言った場合、5歳の子供も含める。つまり、5歳の子供は参加可能である。

(4)「5歳より上の子供が参加可能です」

と言った場合、5歳の子供は含めない。つまり、5歳の子供は参加できない。

-------

上記の規則は(例文からも分かる通り)算数・数学に限った話ではなく、日常生活においても重要な考え方なので多くの人がご存知だろう。

ここで不思議なのは、「以上・以下」がきちんと対になっているのに対し、「未満」に対応する熟語がないため、どうしても「5歳より上」といった少し遠回りの表現を用いるしかないということである。

これに関し、「未満に対応する熟語は"超過"である」とする説もあるが、実際問題として「5以下・5未満・5以上」とは言うものの、「5超過」という言い方はしないので完全に対応した熟語と言うことはできないだろう。

「以上・以下のように、未満にぴったりと対応する熟語があれば算数・数学において多少すっきりする部分があるのに…」というのは、多くの人が一度は考えたことがある話だろう。しかし実際問題としてない以上、これは日本人として乗り越えるしかない壁だと思っている。

-------

こんな話を先日もある生徒さんにしていたのだが、その生徒さんがふと「先生、英語ではその辺りはどういう対応関係になっているんですか?」と尋ねてきて、あまり深く考えたことがなかったのですぐに答えることができず、今度までの「先生の宿題」とさせてもらった。授業後、知り合いのネイティブスピーカーの人に尋ねたりインターネットで調べた結果、大体以下のようになっていることが分かった。

(1)5以上:
more than or equal to 5
greater than or equal to 5

(2)5より大きい:
more than 5

(3)5以下:
less than or equal to 5

(4)5未満:
less than 5

算数・数学の不等号(<・>・≦・≧)で表されるようなケースではこのような言い方が一般的だそうである。

また、不等式を離れて日常会話の表現であれば

・5 or more(5 and more)
・5 or less(5 and less)

という形の言い方もよく用いられるそうである。

他にも under・below・at least …など、数字にまつわる表現は色々なものがあるが、とりあえず上記のものを抑えておけば自分の伝えたい内容を表現するのには困らなさそうである。


【広告】ただ今 新年度(2017年度)の生徒さんを募集中です。上記のように生徒さんに鋭い質問をされて私も勉強になることがあります。私と一緒に勉強に対して真剣に取り組んでみませんか?中学受験・高校受験・大学受験と幅広く対応しております。横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
メアリー・アニング(英検より)

英検の問題集は内容が面白いものが多く、難易度も3級(中学レベル)〜準2級(高校初級)〜2級(高校標準)とラインナップが揃っているので、生徒さんと英語の長文を読む練習をする時には積極的に利用している。

今回は2009年度 英検準2級 第1回に収録されていた Mary Anning というお話を簡単にご紹介したい。

 

メアリー・アニング


----
メアリー・アニングは1799年にイギリスの港町で生まれた女性である。海岸では化石がよく採れたため、メアリーの父親は化石を採って旅行者に売ることで生活の足しにしていた。父親はメアリーに化石の探し方のコツを教え、仕事を手伝わせていた。

実は当時、動物が「絶滅する」という考え方はまだ存在していなかった。珍しい化石が発見された場合、そのような動物が地球上のどこかに住んでおり、人間はまだ出会ったことがないだけであるという風に考えられていた。

メアリーが12歳のとき、父親が病気で死んでしまい、彼女は本格的に化石を売る仕事で生計を立てなければならなくなった。しかしこの時、彼女は世界で初めてイクチオサウルスという恐竜の全身骨格を発見し、大きな注目を浴びたのである。

彼女のこの発見をきっかけに、動物は絶滅するものであるという今では当たり前の考え方が世の中に浸透していくことになる。そして、メアリーもこの時から恐竜に対する興味をさらに強め、専門書を購入して勉強に励むようになる。彼女はその後も数々の偉大な発見を行った。

メアリーは初期の恐竜の研究において大きな功績を残したが、女性であるということからなかなか世間から認められなかった。しかし彼女が没する直前、ロンドン地質学会は彼女を名誉会員に選出し、ついに彼女の功績は正式に認められたのである。
----

恐竜の研究の黎明期において、女性の科学者が活躍していたことは全く知らなかった。また、根っからの専門家ではなく、生活のために化石を掘っていた貧しい女性がそのような大きな発見を成したことは非常に劇的である。やはり象牙の塔にこもる専門家より、生活の掛かった現場主義の素人の方が化石を見つけるという点では一日の長があったのだろう。ちなみに本当かうそか知らないが、さかなクンは大学受験で教授と面接した際、「君はもう僕より魚について詳しいね」と言われたというエピソードを耳にしたことがある。その後、メアリーが本格的に専門家に転身するあたりのくだりでは、熱意さえあればいつどのような環境でも勉強はできるのだということを感じさせる。生徒さんにもぜひ読んで欲しい文章である。


【広告】ただ今 新年度(2017年度)の生徒さんを募集中です。上記のように英検対策も得意としております。中学受験・高校受験・大学受験と幅広く対応しておりますので、横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談ください♪

この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
高濃度または低濃度の酸素を吸うと…

自分の中で酸素について色々なところで聞きかじった知識がごちゃごちゃになっていたので、一度きちんと整理したいと思いまとめてみた。

まずは結論から。
々眷仕戮了請任魑曚辰討發垢阿某搬里猟柑劼悪くなるということはない。
一方、低酸素の空気を吸ってしまうと一回の呼吸でも死にいたることがあり大変危険である。息を止めているより低酸素の空気を吸ってしまう方が危険。

○高濃度の酸素を吸うことについて
・高濃度の酸素は短い時間であれば吸っても問題ないが、長時間その環境にいると身体に悪影響を及ぼす。
・吸入酸素濃度60%以上での状態を3時間以上継続すると、発生する活性酸素により肺の組織が破壊されると言われている。
・市販されているある酸素スプレーを見てみたところ、濃度が95%であった1回につき数秒という短い吸入時間が想定されており、これくらいなら人体に影響はないのだろう。また、ボンベからの流量は少ないので周りの空気と一緒に酸素を吸うことになり、気道では酸素濃度が低くなるという記述もあった。
・ちなみに、市販の酸素スプレーが使われる場面は高山病対策や運動後などであるが、その有用性は科学的にはまだはっきりと証明されていないそうである。

○低酸素の空気を吸うことについて
・人間の呼気には酸素が16%含まれている。よって、これより酸素濃度が低い空気を吸ってしまうと、相対的な濃度差で体内の酸素が奪われることになってしまう。
・呼吸を止めていれば少なくとも体内の酸素が奪われることはないため、息を止めているより低酸素の空気を吸ってしまう方が危険なのである。
・1回でも低酸素の空気を吸ってしまうと身体が酸素が少ないということを感じてさらに呼吸しようとするため(呼吸反射)、悪循環を引き起こしてしまう。
・低酸素の空気中にいるということは自分では気付きにくいという側面も見逃せない。初期症状が眠気や軽いめまいと特徴的でない上に、人間が「息苦しい」と感じるのは実は酸素が少ないということより血中の二酸化炭素が多くなることが原因なのである。人が倒れているのを見つけて助けようと近づいたら、自分もミイラ取りになってしまうというケースが少なくない。労働災害で酸欠による死亡者数が多い原因となっている。
・酸素の不足に対して最も影響が出やすいのは脳の大脳皮質。脳の酸素消費量は全身の約25%にも及ぶ。
・パーティグッズとして売られている「声が変わるヘリウムガス」はちゃんと酸素が20%ほど含まれている。しかし、風船用のヘリウムガスには酸素が含まれていないため、これを吸って声を変えてみようなどとすると倒れてしまう。(同じヘリウムでも全く違うので注意が必要)
・格闘マンガの「バキ」に出てくる柳龍光という人物は、手のひらの中に真空を作り出してそれを相手に吸わせることで一瞬にして失神させる「空掌」という技を使う。しかし、低酸素の空気を作り出す技ならそうなるかもしれないが、真空なら「息を止めている」のと同じなのでそういうことにはならないだろうと思う。


【広告】ただ今 生徒さん募集中です。上記の内容は受験の理科からは少し外れていますが、中学受験用の理科なども丁寧に解説することが可能です。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

 

この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
「読む・書く・聞く」は意外と同じではない

私も「勉強を教える」という仕事を始めてもう20年近くになる。

その間には難関校に合格するような優秀な生徒さんも多くいたが、同時に「どうしても勉強が苦手で、どうしたらいいか分からない」という生徒さんもそれ以上にいた。

昔であれば単純に「落ちこぼれ」というレッテルを貼られていたであろうこうした生徒さんたちは、現在ではLD(学習障害)という科学的な症状の状態であり、それを認識した上で、それではどう勉強に向かっていこうか、どう人生を送っていこうかということが少しずつ考えられるようになって来ている。

LDの詳しい定義や説明についてはここでは省略させて頂くとし、今回は私が実際の指導経験の中で見た生徒さん・感じたことなどについてつらつらと述べていきたい。

よく親御さんから「うちの子は国語力がないから、そのせいで他の科目も苦手なんですよねえ」という話を聞くことがある。この指摘は非常に正しい。国語力、すなわち「読む・書く・聞く」の基本がおそろかであると、他の科目の授業内容もなかなか頭に入って来ないし、問題文をきちんと読み取ることができずに間違いにつながったりする。

この「国語力がすべての科目の基本だ」という考え方はもう既に世の中である程度の認知がされ始めている事実なので、やはりこれについても今回は改めて詳しく述べることはしない。

私が言いたいのは、この「国語力」としてひとくくりにされがちな「読む・書く・聞く」という能力が、意外と1つ1つが独立している傾向にあるという事実である。

私が今までに見た生徒さんには、例えば次のようなタイプの生徒さんがいた。

・「読む」のが苦手。教科書や参考書を読んでも全く頭に入って来ない。しかし、その内容を私が読んで聞かせてあげると頭に入ってきて理解することができる。

・話すことが非常に苦手。中学生だが会話の多くが2語程度の単語で構成されている。しかし「読む」・「聞く」・「推理する」は得意で、数学は選抜クラスレベル。

実はかく言う私もこうして勉強を人に教える仕事をしているくらいだから「読む」「書く」は得意な方なのだが、「聞く」が少し苦手であり、同じ内容の話でも文字で読めばすうっと頭に入ってくるのに、人に説明をされると一瞬理解に時間が掛かってしまうことがある。

ここで少し話が変わるのだが、英単語がなかなか覚えられないという相談を受けることも非常に多い。それだけ世の中の多くの生徒さんが英単語を覚えるのに苦労しているということだろう。

巷でよく聞くのは「書くのが大事だ、とにかく手で書いて覚えるんだ」というアドバイスである。これは人によっては良いアドバイスとなることもあるが、その一方で「時間が掛かる」というデメリットがあり、そして書いても覚えられないという生徒さんも確実に存在する。

非常に難しい問題ではあるが、私が見つけた1つのコツとしては、表練・裏練を必ず両方やるという方法である。

どういうことかと言うと、dog(犬)という単語を覚えたいのであれば、まず「dog」を見て「犬」を言えるようになる。これが表練である。一方、同時に「犬」を見て「dog」という単語を言うという裏練も必ず行うようにするのである。こうすれば記憶が比較的強く定着し、忘れにくくなる傾向があるようである(私の中では縦糸と横糸の両方を使って布を編むことで強度が増すイメージ)。英単語がなかなか覚えられないという生徒さんにはぜひちょっとこれを意識して練習してみて欲しい。


【広告】ただ今 生徒さん募集中です。ひょっとするとあなたが勉強が苦手なのは「読む」ことが苦手なせいであって、個人授業で解説を「聞けば」本当の実力が発揮できるかもしれませんよ。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
「ようこそ」は深い

先日、ある生徒に国文法や古文法で出てくる「ウ音便」について解説していた。

ウ音便とは、形容詞や動詞の連用形が本来の音から変化して「う」の音になる現象のことである。

例えば

・ありがたくございます→ありがとうございます
・うれしく存じます→うれしゅう存じます
・何か悲しくて…→何が悲しゅうて…

などである。

するとその生徒が「ようこそ、とかもですか?」と聞いてきた。

言われてみれば確かに「よくこそ→ようこそ」であるから、立派なウ音便である。私は生徒に「よく思いついたね、素晴らしい!それに、ようこそは「こそ」が入っているから掛り結びが発生するね。古文のエッセンスが詰まった良い例だよ」と誉めた。

こうしてこの生徒が例として挙げてくれるまで、私は「ようこそ」という言葉についてあまり深く考えたことがなかったのだが、非常に気になったので家に帰ってネットで調べ、さらに高校時代の恩師である古文の先生に連絡を取って教えてもらい、やはり「ようこそ」という言葉は文法的に見て非常に興味深い言葉であることを知った。

ここで念のため「こそ」という言葉について確認しておく。「こそ」という言葉は現代語でも「彼こそわが社のエースだ」というようによく使う言葉であるが、古文においてはさらに重要な言葉である。なぜなら古文で「こそ」という言葉を使ったら、文末は必ず已然形にしなければならないという特別なルールがあるからである(これを「掛り結びの法則」と言い、受験生なら必ず覚えなければならない知識である)。

「ようこそ」は本来であれば「ようこそいらっしゃいませ」である。そしてこの文末の「いらっしゃいませ」は命令形ではなく、「こそ」の影響を受けた已然形なのである。

掛り結びが現代語の言葉に残っている例は少ないので、これは生徒さんにとってぜひ教えてあげたい好例である。


【広告】ただ今 生徒さん募集中です。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
生徒さんにはテレビを見て欲しい

先日、小学4年生の竜之介くんに国語を教えていたときのこと。

問題文として出されていた物語のあらすじをかいつまんで説明すると、

『あるところにずるい宝石商がいました。この宝石商は買い取りをお願いしてきた客に対していつもうそをつき、「これはあまり値打ちがないものだね」とうそをついて安く買い取っていました。そこへ純真で不憫な女の子がやって来ました。宝石商はその少女の純真さと不憫な境遇に心を打たれ、この時ばかりは本当の相場で少女の持ってきた宝石を買い取りました。』

こんな話。しかし、竜之介は「宝石の真贋は素人にはなかなか見分けられない」という事実、それから「物の値段には相場というものが存在し、需要と供給によって変化する」という常識がまだ分かっておらず、この物語の起承転結をよくつかむことができなかったのである。

これはこの生徒さんが珍しいということではなく、そういう常識を知っていて問題文の内容を理解できるかどうかというのが国語の点数を左右する重要な要素の一つなのである。なので私はこの授業でそういった常識について具体例を挙げながらかみくだいて説明をした。

そこでふと竜之介に「なんでも鑑定団とか見たことない?」と尋ねたのだが、見たことがないという。私は夏休みの間に1〜2回でいいので見てみて欲しいとお願いした。

もしなんでも鑑定団を見ていれば、素人には物の真贋の見分けがつきにくくだまされても不思議ではないこと、またそういう鑑定をする人間がいること、「これは復刻版が出てから相場が下がったんですよ。それまではもっと高かったですね」という鑑定士のコメントを聞いたりなど、上記の物語を理解するポイントが身についていた可能性は高い。

このエピソードから私が言いたいのは、テレビを見ることは国語力や一般常識を高めるのに役立つので(もちろん見過ぎるのは良くないが)ある程度、色々な番組を見た方がいいということである。以前、書店で「基礎から国語力をつけよう」といったタイトルの本に目を通したところ、「小学生の女の子が野球を見たことがなく、ピンチヒッターという言葉を知らなくて長文がうまく読めなかった」ということが書いてあった。これについても、何も球場まで足を運ばなくてよいからテレビでちょっと野球中継を眺めているだけでも知ることができたのではないかと思う。

【広告】ただ今 生徒さん募集中です。餅は餅屋に、美術品の鑑定はプロの鑑定士に、そして成績アップを目指すならぜひプロの家庭教師に!中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

 

この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
ぬかに釘の「ぬか」って「ぬか味噌」なの?
先日の記事でもご紹介した通り、『一問一答 ことわざ問題集』という電子書籍を出版しました。

この本ではことわざの語源や分かりにくいと思われる言葉に対して解説を入れています。たとえば、

○たで食う虫も好き好きの解説
「たで」というのは苦味のある植物の一種。それを食べる虫もいるということから。

○あばたもえくぼの解説
あばたは天然痘にかかるとできる小さなくぼみ。えくぼは笑った時にほおにできる小さいくぼみ。

○風が吹いたら桶屋がもうかるの解説
風が吹くとほこりがまう。すると目にほこりが入って失明する人が増える。失明した人たちは三味線の弾き語りを仕事にすることが多い。三味線がたくさん売れる。三味線を作るのには猫の皮が使われる。猫が減るとねずみが増える。増えたねずみはお風呂場の桶をかじる。そのため桶がたくさん売れる。

といった感じです。

この解説を入れる作業をしている中で、1つどうしても分からないことがありました。それは「ぬかに釘」の「ぬか」は、ぬかに塩・水を混ぜて発酵させた「ぬか味噌」を指しているのか、それともぬか本来の意味である穀物を精白した際に生ずる粉状の状態そのものを指しているのかということです(辞書を引けば分かりますが「ぬか」という言葉はこの2つの意味で収録されている場合が多いです)。

私は都会育ちなのでぬか自体を目にしたこともほとんどないのですが、どうしてもぬかと言うと「ぬか味噌」を思い浮かべ、ぬか味噌に釘を入れてもぶにゅっとして効果がないというイメージを持っていました。しかしぬか自体も昔は料理でのあく抜き・輸送品の緩衝剤・家屋の艶出しと色々な用途に使われていたということを知り、ひょっとすると「粉状のぬかに釘を刺してもふぁさっとなって効果ない」という意味なのかもしれないと考えるようになりました。

そこで色々な文献やネットを漁り、また母校の国語科の先生に問い合わせてみたりしたのですが、結論から言えばはっきりと断定できる証拠は見つかりませんでした。ただ、私は今のところ「粉状のぬかそのもの」を指す可能性が高いと思っています。その理由は

・ことわざ辞典に収録されている他のことわざ「ぬかの中にも粉米」「ぬかの中で米粒探す」は明らかに本来のぬかを指している。そしてそれとは別に「ぬか味噌が腐る」ということわざがあり、ぬか味噌を指す場合はきちんとそれを明示している。ただしそれぞれのことわざが成立した時代が異なる可能性があり決定打とは言えない。

・ぬか味噌なら粘り気があるため一応釘は立つ。しかし粉状なら全く立たない。より効果がないことを示すならばこちらなのではないか。

といった点です。

ちなみに、この「ぬかに釘問題」をさらにややこしくしているのが、このことわざとは直接関係のない「ぬか味噌に釘」という生活の知恵が存在することです。ぬか漬けを作る際、ぬか味噌に釘を入れておくと鉄分が野菜に浸透して鉄分も摂取できるという仕組みです。この事実があるため「ぬかに釘」という単語を入れて画像検索を掛けるとたくさんの「ぬか味噌&釘」の画像が出てきますが、これは残念ながら何の証拠にもなりません。

一つの事実としては、ぬかに釘ということわざの出典は江戸時代に書かれた『浮世風呂』とされており、すなわち江戸時代に単に「ぬか」と言えばどちらのことを指したのかということが分かれば相当な信頼度のある証拠になるだろうということです。もし江戸時代の文学に詳しい方でこの点に関してご存知の方がいらっしゃったら、ぜひ教えて頂ければと思っています。


 【広告】2015年度 新規生徒さん募集中です!中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しております。ことわざだけでなく色々な科目のこぼれ話も交え、楽しい授業をご提供いたします。横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

 
この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
ドジャース、それはドッジする人
先日、ある家庭教師センターで授業をしていた時のこと。隣りのブースから聞こえてきた他の先生の説明が大変興味深かったので思わず聞き入ってしまった。

-----

「この dodge という単語だけど、意味分かる?」

「いや、分からないです」

「知らないの?ドッジボールって言うじゃん。"さっと避ける"って意味ですよ!」

「ああ、なるほど…」

「あとは脱税する人のことを俗語で tax dodger(タックス・ドジャー)って言いますね。これは覚えなくていいですよ(笑)」

「へぇ〜」

「そう言えばメジャーリーグにもドジャースってチームがあるよね。あれは…あれは何を避ける人なのかな?ま、いいか」

-----

なるほど…言われてみれば私も野球好きでありながら、ロサンゼルス・ドジャースが一体何を避ける人なのかなんて考えたこともなかった。

そこで家に帰って早速調べてみるとどうやらこういうことらしい。ドジャースは元々、ニューヨークのブルックリンを本拠地とするチームであった。そしてブルックリンには路面電車が多く走っており、これを「ひらりと避けながら歩く人」、または「ひらりとただ乗りして降りて行く人」を指してドジャースと呼び、それがチーム名につながったということである。

ちなみに私は先日、車で100円ショップに行って2、3個商品を購入し戻って来たところ、駐車禁止のステッカーを貼られてしまい手痛い罰金を取られてしまった。この駐車禁止の罰金というのは、支払わないでいると次回の車検が受けられなくなってしまうという制度が設けられている。残念ながらこちらは「dodgers」という訳にはいかないのである。


【広告】2015年度 新規生徒さん募集中です!中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しております。こぼれ話なども交えながら楽しい授業を提供いたします。横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪
 
この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
100円ショップのミニ地球儀
100円ショップでずっと探していたミニ地球儀をついに発見!

ミニ地球儀

この手のひらサイズのミニ地球儀は中学受験の「天体」の分野を解説するのに非常に重宝します。大きな宇宙空間の中で小さな地球が太陽の周りをぐるぐると回る様子を明確にイメージすることができます。

実は以前、1つ所有していたのですが、とあるご家庭で解説に使った際、授業後にお母様が

「先生、本当にありがとうございます!こんな物まで用意して頂いて…子供もすごく分かりやすかったと言っていました。」

「そうですか、それは良かったです☆ この地球儀、なんと100円ショップで買ったものなんですよ。世の中便利になりましたよねえ」

「そうだったんですか、それはすごいですね!この地球儀、子供の机に置いてこれからも大切に使わせて頂きます!」

「…え…あの…差し上げるとは……」

「先生、本当にありがとうございます!!」

「…よ、喜んで頂けて何よりです!」

ということがあり、「どうせ100均でまた買えばいいんだし…」と差し上げることにしたのです。

しかしその後、販売していることは間違いないはずなのに、どこの100均でもなかなか現物を見つけることができないまま今日まで至っていたのでした。今回は何かあった時のために2つ購入しておきました(笑) インテリアにもなりますし、ぜひみなさまにもお勧めしたい一品です。


【広告】ただいま生徒さん募集中です。中学受験を目指す生徒さんにはこうした模型を利用した授業なども行っております。塾の授業ではよく分かりにくいという生徒さん、マンツーマンの授業を考えてみてはいかがでしょうか?横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪
この記事の直リンク | 勉強のコツ | |