TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< テニスコートのおかしな面々(3) | TOP | バズライトイヤーで0点!(2) >>
バズライトイヤーで0点!(1)
先日、友達と5年ぶりぐらいにディズニーランドに行ってきました。すると、僕の知らないアトラクションが増えており、『バズライトイヤーのアストロブラスター』というのがありました。これは簡単に説明すると、決まったルートを乗り物に乗って進んで行き、その途中で光線銃を使って敵をどんどん撃って得点を稼いでいく、というアトラクションです。乗り物には2人1組になって乗車します。

それで、精神年齢の低い僕などはもうすっかりテンションが上がって夢中になってしまい、敵ロボットを打ちまくりました。もちろん、こういう時の定番のボケである「隣りに座っている友達に向かって銃を撃つ」「友達の光線銃を手でブロックして邪魔をする」などの行動も欠かしません。

そして、ボスの巨大ロボットを撃破し、スタート地点まで戻ってきて、いよいよ得点発表。「隣の友人…36,000点、僕…0点」。

……0点?

隣りの友人は「不器用な人だとは思っていたが、まさかこれほどとは…」みたいな顔で僕を見ています。いやいや、そんな訳ないし!下車した後、慌てて係員に詰め寄り、「だいぶ頑張ったのに0点だったんですけど!?」と申し立てると、「それは変ですね…ちゃんと的は狙いましたか?」「しっかり引き金は引きましたか?」と確認される。いやいや、当たり前でしょ!しかし、ここでも友人は「そう言えばごん太、人に向かって銃を発射していたり、なんだか意味不明な行動をしていたけど、まさかルールを理解していなかったとはね…」みたな顔をしています。いや、違う、違うんだって!

つづく
この記事の直リンク | ある日の出来事 | |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2006/12/09 12:34 AM by -
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック