TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 無知の知、ドジの知 | TOP | 盲点 >>
猫に小判、女子高生に前首相
ある家庭教師センターから受けている仕事が2件あるのだが、そこは有名人やお金持ちのご家庭だけを相手にしているセンターである(ちなみに、僕の取り分は特に増えないので非常に悲しい)。

そこの一人の生徒さんは、昔、有名スポーツ選手として活躍していた方の子供さんで、女子高生なのだが、その子に「最近、なんか変わったことあった?」と尋ねたところ、「この前、お母さんと外でお昼ごはん食べてたら、森首相にあった」と答えた。

僕:「…森首相って、森喜朗のこと?」
子:「え、わかんない、名前まで知らない」
僕:「じゃあ、森前首相だよね?今の首相は小泉さんじゃん?」
子:「あ、そう、それ」

とりあえず、驚いた。そして、さらにこう続いた。

僕:「え、どんな感じだったの?森首相を発見して、こんにちは〜って挨拶したの?」
子:「いや、向こうがこっち見つけて挨拶してきた」
僕:「お、おお…そうか。で、どんな話したの?」
子:「君もスポーツやんないの?って聞かれた。」
僕:「なるほど。ちなみに、すぐに分かった?この人、森さんだって」
子:「いや。最初はどっかで見たことある人だなぁと思って。最初、ハマコー?って思ったんだけど、なんか違うかなって」
僕:「ああ、おしいね」
子:「で、分かれたあとになって、あ、森だ!って。」

まさか森さんも、自分が誰だか認識されてない状態で会話してるとは思ってもみなかったに違いない。

ちなみに、その子に「今度、森さんに会ったら、僕を文部科学大臣に任命してくれるよう頼んどいてよ」と言っておいたので、近いうちに文部相になることになるかもしれない。少し緊張するが、精一杯がんばろうと思う。
この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック