TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< カブトムシ飼育計画の問題点 | TOP | ほら貝の思い出 >>
大坂なおみ選手の英語メッセージを解説

2019年3月6日、大坂なおみ選手がインスタに投稿したメッセージが胸を打つと話題になっており、twitterでも拡散しているようである。それを読んだある生徒から英語(原文)の分からないところを教えて欲しいと頼まれたため、解説資料を作成した。もし英語の方を読んでみたい、英語の方を読んだがよく分からなかったという方がいらっしゃったら、こちらを参考としてお使い頂ければと思う。

 

原文・日本語は元記事をご参照下さい。

 


--------

 

Writing this now to organize my thoughts and try
to put in words what I've been feeling.

・I'm writing 〜 の I'm が省略された形。
・organize:組織化する・まとめる(←今回はこちら)
・thought:考え
・put in words A:Aを言葉にする
・what:関係代名詞。私が感じている【こと】。

 

--------

 

Recently a lot of parents have been coming up to
me and telling me that their kids look up to me,
those words literally blew me away.

・recently:最近
・look up to A:Aを尊敬する
・literally:文字通りに・本当に(←今回はこちら)
・blow away:吹き飛ばす⇒圧倒する・驚かせる

 

--------

 

I was honestly so shocked and felt this huge
responsibility because I remembered how
important my role models are.

・honestly:正直に言って
・huge responsibility:大きな責任
・how以下:疑問詞+S+Vは1つの名詞になる。
 「私のお手本となった人たちが(私にとって)どれほど
重要であるか」という意味。
・role model:他人の手本となる人物

※つまり大坂選手にとって自身のお手本となった人たち
の存在は偉大であり、そのことを思い出し、だからこ
そ今度は自分がその立場に立ったことで大きな責任感
を感じているということを表していると考えられる。

 

--------

 

Also the fact that the parents themselves were
telling me this meant they approved (which is
mind blowing to me).

・The fact が主語、動詞は meant
目的語が they approved という節。
・名詞のあとに oneself が続くと「〜自身が」の意味を表す。
・直訳すると「ご両親たち自身がこのことを私に伝えてくれていた
という事実は、彼らが(私を)承認しているということを表して
いた」。

※分別のある大人から見ても自分たちの子供が大坂選手に憧れるのは
当然だと感じており、そのことが大坂選手にとってまた驚きであった
ということが読み取れる。


--------

 

Fast forward a few days and I'm here at Indian Wells, I see
all these kids that look so happy to see me and they ask for
pictures and autographs...

・fast forward:元々は「早送り」を表す言葉。ここでは「話を数日
進めて」の意。先ほどまでの話が数日前に起きたことを具体的に回
想しており、そこから現在の話へと場面転換したのだと考えられる。
・Indian Wells:カリフォルニア州の都市(人口約5,000人)
・happy to see:「嬉しい・悲しい+to do」の構文は
「〜して嬉しい・悲しい」の意。
・ask for A:Aを要求する・求める
・autograph:有名人のサイン


--------

 

Honestly I wanted to cry because my heart feels so full in these
moments and I realize that it isn't just about tennis, it's about
inspiring the next generation

・moment:瞬間
・inspire:感化する・インスパイアする
・next generation:次の世代(の子供たち)

 

--------

 

 - and seeing all these kids, (a.k.a my babies), I start thinking about
when I was a kid and all the people that inspired me to dream big
and reach for my dreams.

・seeing  all these kids:分詞構文。「この子供たちみんなを見ると」。
・a.k.a:also known as の略で「〜としても知られる」
・think about の目的語が when節とall the people の2つ。
・inspire 人 to do:〜さんが…するよう感化する・インスパイアする
・dream:ここでは動詞。dream big で「大きな夢を持つ」。
・reach for 〜:〜を取ろうと手を伸ばす


--------


The fact that I'm in this position now to inspire kids when I feel like
just yesterday I was 8 years old hitting on some busted down public
courts (lol) is seriously a really huge honor for me andI realize I'm
literally just a small piece in a very VERY big picture.

・The fact が主語、動詞は is、補語が a really huge honor.
・The fact の内容(that節)が比較的長い説明になっている。
・The fact の大まかな内容は「私がボロボロのコートで練習していたのは昨日
のことのように思えると言うのに今は子供たちを感化する立場にある」こと。
・前半は「私が(今や)子供たちを感化するような立場にいる」という意味。
to inspire は形容詞用法で this position に掛かっている。
・when は「〜だと言うのに」といったニュアンスを表す。
・feel like 〜:〜のように感じる
・busted:bust が「壊す」という意味の動詞で、そこから「壊された・ボロ
ボロの」という過去分詞として使われている。down は bust について動作を
強調している副詞。
・(lol):インターネットスラングで日本語の(笑)にあたる。
・honor:名誉・栄光
※ a small piece in a picture:大坂選手も子供のころ周りに感化され、また
彼女も今子供たちを感化している歴史を大きな絵に例えていると思われる。


--------


Sorry if I'm too soppy haha, I just wanted to type out my thoughts since
I'm in a good place mentally right now.

soppy:元は「びしょぬれの」。略式で「感傷的な」という意味がある。
haha:日本語の(笑)にあたる。type out:(電子機器で)文字を打つ
since:ここでは「〜以来」ではなく「〜なので」と理由を表す接続詞。
mentally:精神的に right now:今・まさに今

 

--------

 

I really love you guys and Thank you.

 

--------

 

広告】ただ今、来年度(2019年から)の生徒さんの予約を受け付けております。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので、横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.yawaraka-note.com/trackback/1064055
トラックバック