TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 仮定法で have been to 〜 は使えるか? | TOP | 天井とシャンデリア >>
インフルエンザと influence

 

薬

 

先日、高校生の生徒さんに英語を教えていて、influence(影響・影響する)という英単語が出てきた。

その生徒さんが「influenceってちょっと難しい単語ですよねえ。意味を覚えてもすぐ忘れちゃうんです」と言うので、二人で何か日本語に influence が隠れていないか考えてみた。その結果、「インフルエンサー」と「インフルエンザ」の2つが出てきた。授業後、家でもう少しこれについて調べてみたので、備忘録としてまとめておく。

○インフルエンサー
「ブログや youtube などで人々の注目を集めており、その人が情報を発信することによって多くの消費者がその商品を購入することにつながるなど、大きな影響を与える立場にある人のこと」

うらやましい。このブログもそういうつもりで始めてもう12年にもなるが、一体誰に影響を与えているのかさっぱり分からない。と言うか、もはやこの記事自体も書き出しの時点で「備忘録」と言い放っており、完全に個人的なメモと化しているではないか。

○インフルエンザ
そもそもインフルエンザは大昔からある病気なのだが、イタリアの占星術師が「この病気は冬になると流行る。これには星の動きが関係しているからだ。星の影響を受けて発生するから influenza と呼ぼう」と名前をつけ、それがだんだん他の地域でも使われるようになったそうである。ただし、現在の英語では influenza を略した flu という言い方が用いられる場合が多い。

私はてっきり「めっちゃ人から人に移る、影響しやすい病気だからインフルエンザなんだろう」と思っていたのだが、「冬の星に影響される病気」だからインフルエンザだったんですね。

○ついでにインフルエンザの歴史
インフルエンザについて Wikipedia で調べていたら、スペイン風邪もインフルエンザの一種であることを知り、自分なりに気になったポイントをまとめてみた。

そもそもインフルエンザと思われる病気は古代ギリシャのヒポクラテスの記述にも登場しており、大昔からあることは間違いない。

第一次世界大戦の頃に流行った「スペイン風邪」は鳥インフルエンザが突然変異したものと考えられている。発生元はアメリカだったが、大勢のアメリカ兵が第一次世界大戦のためにヨーロッパに渡ったことで、ヨーロッパでも大流行することになった。当時の世界人口12億人のうち約半数が感染し、死者は4000万〜5000万人に及んだ。他の感染症・戦争や災害と比べても、最も多くの人命を短期間で奪った現象であり、このせいで第一次世界大戦の終結が早まったとも言われる。

なぜアメリカが発生源なのにスペイン風邪と呼ばれるかと言うと、ここでも当時世界が第一次世界大戦のさなかにあったことが関係しており、多くの国が戦時中のため情報の検閲を行っていたが、スペインは中立国であったためこの病気に関する主な情報源がスペインとなったからである。


【広告】ただ今、今年度の生徒さん(空き少数)、および来年度の生徒さんの予約を承っております。ごん太があなたの人生に influence しますよ! 中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しております。横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

 

この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.yawaraka-note.com/trackback/1064041
トラックバック