TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 木に立って見るから親? | TOP | インフルエンザと influence >>
仮定法で have been to 〜 は使えるか?

 

以下の問題は『高校リード問題集 英文法A』の P109 [2]の(1)より抜粋。

------

そのパーティーに行っていたならば、あなたは彼に会うことができたのに。

If you (  ) (  ) to the party, you (  ) (  ) seen him.

------

この問題の模範解答は

If you (had) (gone) to the party, you (could) (have) seen him.

となっている。

これに対し、私が指導している高校生の女の子が

If you (had)【been】to the party, you (could) (have) seen him.

のように「had been to 〜」ではダメなんですか?と質問してきた。

この質問に私は考え込まされた。現在完了の「have been to 場所」と言えば、経験と完了(〜に行ったことがある / 〜に行ってきたところだ)という意味を表す熟語であり、上の問題にこの形を入れても「パーティーに行っていたなら」という意味を表しそうな気がする。

悪魔の証明のようなもので、自分はネイティブスピーカーでない以上、見たことがある言い方に対して「その言い方は正しいよ。私も何度も見たことがある」とは言えるが、「その言い方は見たことがない。だから、存在しない。間違いだ」とは断定できないのである。

そこで今回も私の宿題とさせてもらい、後日ネイティブスピーカーの方にこの点を確認させてもらった。得られた結論は次の通りである。

・全く通じないことはないが、何か違和感がある。
・been to を使うと、「パーティーに行って戻って来たならば」のようなニュアンスになってしまい、後半の「(そのパーティー会場で)彼に会うことができたのに」という文章にいまいちつながらない。
・「been at the party」であれば問題なく通じる。

これを聞いて私は、「have been to 〜」という形が「行って戻って来た」という部分に焦点を当てた言い方であることを改めて思い出した。元々「have been to 〜」が「〜に行ったことがある」(経験)という意味を表すのも「行って戻って来たんだよ」ということであり、「〜に行ってきたところである」(完了)というのも、まさにそのまま「行って戻って来たんだよ」ということである。

生徒さんのお陰でまた自分では考えたことがないテーマについて調べるチャンスを持つことができ、上記の問題に対して「have been to 〜」を用いるのは不自然であることがよく理解できた。


【広告】ただ今 新年度(2017年度)の生徒さんを募集中です。「もしあの時、家庭教師をつけていれば合格できたのに…」そんな仮定法過去完了は困りますよね!中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しております。横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

 

この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.yawaraka-note.com/trackback/1064040
トラックバック