TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< ウーパールーパーも両生類 | TOP | 命令文の付加疑問文について >>
サンプロテクターの謎

日焼け止め

 

先日、高校生の女の子に英語を教えていたときのこと。protect という単語が出てきたので「日本語でもプロテクターとか言うよね。野球のキャッチャーがつけたり、自転車に乗る時に肘や膝につけるやつとかさ」と言ったところ、「え、それは聞いたことがないですけど、日焼け止めのことをサンプロテクターって言うのは何か聞いたことがあります」と言う。

日焼け止めのことをサンプロテクターと言う…?

私は逆にその言葉を初めて聞いた。

ひょっとすると私が勉強不足なだけで、英語では日焼け止めのことをサンプロテクターと言うのだろうか?

早速家に帰って辞書で調べてみると、日焼け止めは英語で sunscreen または sunblock と言うそうだが、sun protector は載っていない。

一方で、ネットで「サンプロテクター」と調べると、日本化粧品技術者会というところの化粧品用語集に「日焼け止め化粧品のこと」と書いてある。

どうも「サンプロテクター」というのは和製英語のような気がしてきた。日本のお洒落な女の子たちは日焼け止めのことを「サンプロテクター」と言うのだろうか?(ズボンのことをパンツというくらい当たり前の感じで)

そこで何人かの女の子に確認してみたところ、「私は日焼け止めのことは日焼け止めって言うよ。周りでもサンプロテクターなんて言う人は聞いたことないなぁ」と言う。

サンプロテクター…一体、どういう位置付けの言葉なのかますます分からなくなってきた。誰も使わないのにわざわざ化粧品用語として和製英語を作ったと言うのだろうか?

しかし、日焼け止めの強さを表す数値である「SPF」は「Sun Protection Factor」の略であり、まったくおかしな英語という訳でもなさそうである。

そこで最終手段、知り合いのアメリカ人に「日焼け止めのことを英語で sun protector と言うのを聞いたことがありますか?」と尋ねてみる。すると少し怪訝な表情をして「いや、そういう言い方は聞いたことがないよ。sunscreen か sunblock だ」と言う。

やはり和製英語なのか…。そう思った矢先、その人が念のため英語の Amazon で日焼け止めを検索してくれて、そこには商品名の最後に「sun protector」と表記されているものが少なからずあることが分かった。どうやら英語でも sun protector は使われているらしい。ただし、はっきりとした商品カテゴリ名というほどではなく、商品の名前の最後にちょこんとつく感じである。

そこで私の中では今のところ sun protector というのは、こういう位置付けの言葉なのではないかと考えている。例えると「清涼飲料水」のようなちょっと業界的な分類名にあたる言葉なのではないか。普通の人が「清涼飲料水を飲もう」というような言い方をすることがないのと同様、「サンプロテクターを塗ろう」ということはまずない。しかし、業界的には「こういう成分・こういう機能を持った化粧品」というカテゴリ名として存在しており、英語圏の化粧品業界でも日本の化粧品業界でも共通して設定されている分類名なのではないかと思う。


【広告】ただ今 新年度(2017年度)の生徒さんを募集中です。受験に必要なのは「sun protector」ではなく「professional tutor(プロ家庭教師)」ですね!中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しております。横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | ミニコラム | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.yawaraka-note.com/trackback/1064037
トラックバック