TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 英語が苦手な生徒さん・タイプB | TOP | ウーパールーパーも両生類 >>
左利きの子の親として

左利きの人

 

私の娘は現在5歳なのだが、小さい頃から鉛筆を持つのは左手であり、特に矯正などもしていないので文字を練習するようになった現在でも左利きである。一方、お箸については彼女が左利きであると気付く前からエジソン箸を使わせていたので、今でも右で持っている。私の親戚にも奥さんの親戚にも左利きという人はいないため、なぜ彼女が左利きになったのかはよく分からない。

私は子供にあまり細かいことを注意する方ではないのだが、最近彼女の鉛筆の持ち方が非常に気になっていた。と言うのも私は仕事柄、子供が鉛筆を持って何かを書いている姿を眺めることが多いのだが、鉛筆の持ち方がおかしい生徒さんというのはやはり目立つ。せっかく勉強ができていても「しかし鉛筆の持ち方がおかしいよなあ…そうは言っても今から直せる訳でもないし…小さい頃に親や先生に直されなかったのかな…?」と非常に気になってしまうのである。

そして我が娘はと言うと、中指と人差し指の2本を揃えて握りしめるように鉛筆を持っているのである。何度か注意してみたものの、目を離すとすぐに戻ってしまう。

そこで私は意を決してエジソン箸ならぬ「もちかたくん」というのをAmazonで購入した。そして娘に「これを鉛筆にはめて2週間、毎日1回ずつ50音図を書くように。それができたらおもちゃを買ってあげるから」と指示した。

そんな矢先、大学時代からの友人に会ってその話をしたら、「私も左利きだけど、左利きの人って普通の持ち方だと字がうまく書けないんだよ。文字って右利きの人が書きやすいようにできてるから、左利きの人は誰でも少し変な書き方をしてると思う。まず右に向かって線を引くことが多いから、鉛筆を紙に突き刺すような形になって、普通よりも力を入れないと書けない。だから右利きの人より鉛筆を強く握れるような形になってることが多いのね。それから、右方向に向かって書いていくと自分が書いた文字がどんどん自分の手に隠れて見えなくなるから、腕を巻き込むような形にしてなるべく上から書いて、左側を見えやすくする人が多いの」と教えられた。

さらに「私も親にだいぶ書き方を直すよう注意されたけど、その方法だと書けないんだよね。どうしても直すって言うなら、もう右利きに直すか。それしかないと思うよ」と伝えられた。

左利きの友人の言葉には非常に説得力があった。私はよかれと思って指導したつもりだったが、自分の知らない世界がそこにはあり、これからは何かちょっと教える時でも一応調べてからやった方がいいなと感じた。


【広告】ただ今 新年度(2017年度)の生徒さんを募集中です。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

 

この記事の直リンク | ミニコラム | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.yawaraka-note.com/trackback/1064035
トラックバック