TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 乗り物について徒然に【1】 | TOP | 乗り物について徒然に【3】 >>
乗り物について徒然に【2】

前回の続き。

○原付の思い出

私がまだ中学生の頃、ある機会があって私は初めて原付に乗った(スズキの蘭というバイク。もちろんクローズドの私有地)。「自転車に毛が生えたようなものだろう」とたかをくくっていたのだが、漕がなくても進む…それも何だか滑るようにすーっと進み、それまでの人生で一番肌に風を感じた瞬間だった。普通なら中学生には乗れない乗り物であるという優越感のような物もあってか、私はその時から原付が大好きになった。

高校になり免許が取れる年齢になると、少し離れた場所にある図書館まで自習をしに行くという目的もあり、すぐに原付免許を取得した。確か校則では禁止されていた気がするが、勉学のためだから許されるだろうと勝手に自分の中で許可を出した。原付の免許は基本的に筆記試験のみだが、その後に簡単な実技講習のようなものを受けた。この時、教官が「乗ったことがあって慣れてる人はこっち、そうじゃない人はこっちに並んで」と言っていたのがカルチャーショックだった。建前で言えばそんな人がいるはずはないのだが、実際には無免許でバンバン乗っていて、やっと免許の取れる16歳を迎えた不良というのも少なからず混じっており、それをみんなまとめて一緒くたに指導するのは現実的ではないということだったのだろう。

(つづく)


【広告】ただ今 新年度の生徒さんを募集中です。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談ください♪

この記事の直リンク | 思い出の話 | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.yawaraka-note.com/trackback/1064024
トラックバック