TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 赤ちゃん文楽 | TOP | 「ようこそ」は深い >>
目に虫が…

一昨日、原付で走っていたら目に小さな虫が入って来てびっくりした。普段はそういうことがないようサングラスかゴーグルを着けているのだが、この日は自分の原付をリコールの修理に出していて代車を借りていたため、どちらも荷物入れに入っていなかったのである。まさかそういう日に限ってこんな目にあうとは…。

私は目が悪いのでコンタクトレンズを着用しており、おそらく虫はコンタクトレンズに貼りついたはずだから、それを外して目薬で洗い流せば何とかなるだろうと思った。しかし実際には虫はもう少し周辺部に入っており、コンタクトレンズを取ってもまだ目の中に入ったままである。

私は虫が大の苦手であり、同時に痛いことが大の苦手である(小さな注射でさえなるべく避けて生きている)。なのでこのダブルパンチに対してどれだけ取り乱してもおかしくなかったと思うが、ここで変に騒いで目を強く閉じたりすると虫がつぶれてもっと悲惨なことになるのではないかと考え、できるだけ冷静になるよう努めた。

まず我が家の知恵袋である親父殿に電話する。私より長く生きていて、かつバイクに乗る人だからこんなレアな経験をしたことがあるかもしれない。しかし、どちらかと言うとそんな経験はないような気もする。ただ、このにっちもさっちもいかない状態を一人で抱え込むのは心細く、誰かに「ねえ、今、僕の目には虫が入っているんだ。遠く離れた君にはどうしようもないことかもしれないが、ただ誰かにそのことを知って欲しかったんだ」と伝え、まずは冷静さを保ちたい気分だった。

しかし親父殿は忙しかったのか電話に出てくれず、いよいよこの問題に対して現実逃避せず面と向き合うべき時がやって来たのだと悟った。

原付のサイドミラーで確認すると目の中央、やや目がしら寄りのところに小さな虫(だった黒いつぶ)が付いている。まつ毛ならティッシュなどで取れるが、虫は変にいじると細かくバラバラになりそうなので、できれば目を洗い流したいところなのだが、場所が田舎道のど真ん中であり近くにはコンビニもない。

しかしよく見ると黒いつぶは眼球上をわずかに動いているように見える。これは目がしらまで漂着させればそこから取れるかもしれない。私は顔の筋肉を色々と動かし、虫が目的の方向に流れるように努力した。よく忘年会のゲームで「天井を向いてひたいの上にせんべいを乗せ、手を使わず顔の筋肉だけで口までを動かしていって食べるゲーム」というのがあるが、ちょうどあのような状態である。

その結果、ついに虫は目がしらに漂着し、そこから取り除くことができた。私は心からほっとした。もし虫が取れなければコンタクトレンズを再装着することができず、従って原付を運転することもできず、仕事に行くことはおろか家に帰ることもできなかっただろう。こういう時のために、本当はコンタクトレンズを着けている人間は同時に眼鏡も携帯しなければいけないんだろうなと反省した。

しかしわずかその2日後、子供たちをプールに連れて行ったところ、娘(4歳)のバタ足(の親指だと思う)が目に入ってコンタクトレンズが取れるという事態が発生した。この時も何とか取れたコンタクトレンズをキャッチし、目の痛みが収まってから再装着して事なきを得たのだが、横浜から大磯ロングビーチまで約35kmの距離をはるばる車で行っていたので、もしコンタクトをなくしていたら大変なことになっていただろうと思う。やはり原付や車には古い眼鏡でいいので積んでおいたいた方がいいのかもしれない。


【広告】ただ今 生徒さん募集中です。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | ドジな話 | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.yawaraka-note.com/trackback/1064016
トラックバック