TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 園児の心 | TOP | 赤ちゃん文楽 >>
生徒さんにはテレビを見て欲しい

先日、小学4年生の竜之介くんに国語を教えていたときのこと。

問題文として出されていた物語のあらすじをかいつまんで説明すると、

『あるところにずるい宝石商がいました。この宝石商は買い取りをお願いしてきた客に対していつもうそをつき、「これはあまり値打ちがないものだね」とうそをついて安く買い取っていました。そこへ純真で不憫な女の子がやって来ました。宝石商はその少女の純真さと不憫な境遇に心を打たれ、この時ばかりは本当の相場で少女の持ってきた宝石を買い取りました。』

こんな話。しかし、竜之介は「宝石の真贋は素人にはなかなか見分けられない」という事実、それから「物の値段には相場というものが存在し、需要と供給によって変化する」という常識がまだ分かっておらず、この物語の起承転結をよくつかむことができなかったのである。

これはこの生徒さんが珍しいということではなく、そういう常識を知っていて問題文の内容を理解できるかどうかというのが国語の点数を左右する重要な要素の一つなのである。なので私はこの授業でそういった常識について具体例を挙げながらかみくだいて説明をした。

そこでふと竜之介に「なんでも鑑定団とか見たことない?」と尋ねたのだが、見たことがないという。私は夏休みの間に1〜2回でいいので見てみて欲しいとお願いした。

もしなんでも鑑定団を見ていれば、素人には物の真贋の見分けがつきにくくだまされても不思議ではないこと、またそういう鑑定をする人間がいること、「これは復刻版が出てから相場が下がったんですよ。それまではもっと高かったですね」という鑑定士のコメントを聞いたりなど、上記の物語を理解するポイントが身についていた可能性は高い。

このエピソードから私が言いたいのは、テレビを見ることは国語力や一般常識を高めるのに役立つので(もちろん見過ぎるのは良くないが)ある程度、色々な番組を見た方がいいということである。以前、書店で「基礎から国語力をつけよう」といったタイトルの本に目を通したところ、「小学生の女の子が野球を見たことがなく、ピンチヒッターという言葉を知らなくて長文がうまく読めなかった」ということが書いてあった。これについても、何も球場まで足を運ばなくてよいからテレビでちょっと野球中継を眺めているだけでも知ることができたのではないかと思う。

【広告】ただ今 生徒さん募集中です。餅は餅屋に、美術品の鑑定はプロの鑑定士に、そして成績アップを目指すならぜひプロの家庭教師に!中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

 

この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.yawaraka-note.com/trackback/1064014
トラックバック