TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< なんちゃってトライアスロン【3】 | TOP | リッチミン3000の話【1】 >>
なんちゃってトライアスロン【4】
前回のつづき。

なんちゃってトライアスロンの様子は大体これまでに記述した通りなのだが、あとは奇特にも「自分たちもやってみよう」という人のために、これまで載せられなかった細かい情報を箇条書きにしていきたいと思う。


●タイムスケジュール

9:45
西谷駅に集合(駅集合の人のみ)

10:00
旭プールに全員集合。

10:00〜10:20
始めの挨拶→着替え開始。

10:20〜11:05
遊泳

11:05〜11:30
着替え、次の準備。

11:30〜13:00
ラン。馬車道のベイバイク事務所へ。

13:00〜13:20
バイクの準備

13:20〜14:30
バイク。ゴールもベイバイク事務所。

15:00〜
打ち上げ


●記念アルバム

今回のイベント中に撮った写真を集めて記念アルバムを作った。これにはネット上で注文できる「しまうまプリント」というサービスを利用した。ネット上でレイアウトなどを決めることができ、さらに文庫本サイズであれば400円からという低価格でアルバムが作れるなかなかすごいサービスである。みなさんも何か友達とのイベントをアルバムにして配布したいとか、自分だけのレシピ本を作って配布したいという際には便利なのでぜひ一度チェックしてみて欲しい。


●水泳のターン数の数え方

数百mくらい泳ぐようになると、今自分が一体何往復したのか頭で覚えておくのが難しくなってくる。ネットで調べたところ「ナイキが水泳用のカウント機能付き防水腕時計を販売しています」とか「水泳用の防水カウンターがあります」という情報を得たが、もっとお金の掛からない簡単な方法はないものだろうか?そこで私は1つ方法を考えた。それは輪ゴムを利用する方法である。まず最初に輪ゴムを手首にはめた状態がスタートで0m。1往復したら左手の小指に付け替えて50m。2往復したら次の薬指で100m。さらには中指・人差し指・親指、そして今度は右手に移ってまた小指からである。これにより両手の指10本を使うことで500mまで数えることができる。これを繰り返せば泳いだ距離を500m単位でカウントすることができ、お手軽で周りにも目立たないのでお勧めである。


(おわり。なんちゃってトライアスロンシリーズは今回で終了です)


【広告】ただいま生徒さん募集中です。運動の方はなんちゃってレベルですが、本業の勉強に関してはこの道20年近いベテランです。横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご連絡を♪
 
この記事の直リンク | こんなことやってみた | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック