TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< なんちゃってトライアスロン【2】 | TOP | なんちゃってトライアスロン【4】 >>
なんちゃってトライアスロン【3】
前回のつづき。

○バイク

本物のトライアスロンで私が最も面倒くさいと感じているのがこのバイクである。と言うのも、本物のトライアスロンでは自分の自転車を用意し(それもママチャリではなくある程度きちんとした競技用のものでなければならない)、さらにそれを会場まで持ち込む必要があるのである。これは「ちょっとトライアスロンをやってみようかな?」と思っている人にとって大きなハードルであるだと思われる。

そこで今回、なんちゃってトライアスロンで利用させてもらったのが横浜のみなとみらい地区を中心にサービスが展開されている「ベイバイク(baybike)」である。最初の登録が少し面倒くさいのだが、利用料は比較的安価であり、ポートのある場所であれば好きな場所で借りて好きな場所に返すことができるという便利なサービスなのである。

私たちはある程度まとまった人数がいたので、馬車道駅近くにあるベイバイク事務所(本部)を利用することにした。ここならば常に一定以上の台数が置いてあり、確実に自転車を借りることができる。ちなみにこの事務所の前は絶好の記念写真ポイントである。もし利用する機会があった際にはぜひ事務所の人に頼んでランドマークタワーをバックに写真を撮ってもらうことをお勧めする。

なんトラ参加者


バイクのコースは下の地図の通りでる。山下公園を抜けて南下し、産業道路を通って進んでいく。産業道路は車道を走ればトラックなどが多く走る少し恐い道路だが、左側に自転車も通れる舗道があって非常に快適である。そして三渓園の横を通過して行き、根岸不動の下から森林公園に向かって強烈な登り坂を駆け上がる。私たちの何人かはここを足を付くことなく最後まで登り切ることができた。そして頑張って登った分、山元町から関内方面に向けて一気に降りる下り坂は気色も素晴らしく最高に気持ちがいい。

バイクマップ
↑ベイバイクで走ったコース(約13km)


こうしてベイバイク事務所に戻り全行程を終えた我々は、伊勢佐木町まで歩いて行き安楽亭で打ち上げを行った。みなが「なんちゃってトライアスロン」をやり遂げた「なんちゃって鉄人」である。全身に疲労感があったものの、この上ない達成感を感じることができた。

つづく


【広告】ただいま生徒さん募集中です。運動の方はなんちゃってレベルですが、本業の勉強に関してはこの道20年近いベテランです。横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご連絡を♪
この記事の直リンク | こんなことやってみた | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック