TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 横浜が誇る眞葛焼、宮川香山【3】 | TOP | 横浜が誇る眞葛焼、宮川香山【5】 >>
横浜が誇る眞葛焼、宮川香山【4】

前回のつづき

○宮川香山の作品はどこで見れるの?

最後に宮川香山の作品はどこで見ることができるのかについてまとめる。

まず重要文化財になっている褐釉蟹貼付台付鉢黄釉銹絵梅樹文大瓶は東京国立博物館に展示されている。

次に、宮川香山のコレクターとして知られる2人の有名な人物がいる。山本博士氏と田邊哲人氏である。
 

○山本博士氏のコレクション

山本博士氏は「勝サブレ」などで知られる横浜の老舗洋菓子店、モンテローザ(三陽物産)の社長である。モンテローザと言うと居酒屋が思い浮かぶ人もいるかと思うが、そちらとは全く関係がないのでご注意を。勝サブレは神奈中バスの後ろなどによく広告が出ているので見たことのある人も多いのではないだろうか。横浜に台場を築いた「勝海舟」から名前を取ったそうである。そんなことからも分かる通り、山本氏は実は横浜の郷土史を深く研究されている方なのである。そして彼の眞葛焼コレクションが展示されているのが「宮川香山 眞葛ミュージアム」である。三陽物産により運営されている博物館で、場所は横浜駅の近くである。土日しか営業していない点に注意して欲しい。

勝サブレ


山本氏のコレクションを収録した写真集が『世界に愛されたやきもの』である。大きなサイズの本にあらゆる角度から撮影した写真がたくさん収録されており、見ていてとても楽しい本である。この本は横浜の各図書館でも郷土資料として置かれているので、興味のある方はぜひ図書館に行ったついでなどに見てみて欲しい。

世界に愛されたやきもの


つづく


【広告】地元横浜を心より愛し、横浜で活動を続けるプロ家庭教師のごん太と申します。現在、2014年度の新規生徒さんを募集しております。家庭教師をお探しの方がいらっしゃいましたらいつでもご連絡ください。お待ちしております!
 

この記事の直リンク | ミニコラム | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.yawaraka-note.com/trackback/1063972
トラックバック