TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 川崎ハロウィン2013【2】 | TOP | 川崎ハロウィン2013【4】 >>
川崎ハロウィン2013【3】
前回のつづき。

○川崎ハロウィン2013当日(前編)

そして当日の朝9時半。会場であるラチッタデッラ近くのコインパーキングに私・ドクターK・ハートマン軍曹の3人が集合しました。

駐車場に集まったメンバー

ドクターKが土偶に入り、ハートマン軍曹が埴輪に入ります。土偶と埴輪は視界が狭く歩くスピードも遅いので、それに加えて私が黒子の衣装を着て二人のナビゲート係となりました。

出陣する土偶と埴輪

まずは軽くラチッタデッラを流します。予想通りその知名度の高さから、小さな子供からお年寄りまで様々な人に声を掛けてもらったり、写真を撮ってもらったりしました。

子供たちと土偶・埴輪

お姉さんたちと土偶・埴輪

カメラおじさんと土偶・埴輪

そしてここでいったん、基地(コインパーキングに停めた車)に戻ります。すると何と言うことでしょう。埴輪を着ていたハートマン軍曹が、まるで服を着たままサウナに入ったのかと思うくらい大量の滝汗をかいています。

汗だくのハートマン軍曹

汗だくのハートマン軍曹2

段ボールのベースを粘土で覆った保温性の高い構造である上、土偶に比べて身体に密着するきつきつの衣装であるため、埴輪の中は猛烈に暑いようです。何せ完成したのが今朝だったため、ハートマン軍曹が初めての着用者であり、まさかここまで苦しいものだとは予想していませんでした。

20分でこんな状態になってしまうようでは、1時間以上に及ぶパレードでハートマン軍曹が蒸し焼きになってしまいます。そこで対策として「長袖シャツからより薄手の半袖シャツにチェンジ」「着用前に十分な水分補給」「薬局で購入してきた冷えピタを身体の各所に貼る」という対策を施しました。結果、何とかこの日は最後まで倒れることなく埴輪の中の人として活躍し続けてくれたのです。ありがとう、ハートマン軍曹!

(つづく)


 【広告】今回の記事からは分かりにくいですが私の本業は指導歴16年の家庭教師です。横浜で勉強にお困りの生徒さんはいつでもご連絡ください。お待ちしております♪
この記事の直リンク | こんなことやってみた | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.yawaraka-note.com/trackback/1063954
トラックバック