TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 箱根駅伝を実際にやってみた【11】 | TOP | 箱根駅伝を実際にやってみた【準備編1】 >>
箱根駅伝を実際にやってみた【12】

前回のつづき。

○第18走者 撫子(♀)
[フラワーセンター 〜 芦ノ湖ゴール地点]

最終ランナーを務めるのはホノルルマラソン4人衆の紅一点、撫子。駅伝の2週間前にはトレイルランに参加して20km近い距離を完走するなど、他の参加者とはレベルの違う実力を有する。彼女が担当してくれたのは国道1号最高地点から芦ノ湖のゴールまで150mを駆け下りる下り坂コースである。スタートする直前、私が「緊張してきた?」と尋ねたところ、「いや、緊張はしてないですね。距離も長くないですし、駆け抜けちゃいますよ!」と圧巻のコメントを残してくれた。

↓ウォーミングアップする撫子
準備運動する撫子

彼女の伴走として、前の区間に引き続いてのランとなるキャッチャー、2つ前の区間を走ったキャメラマンの2人がつき、さらに区間後半では柿ぼーも一緒に走り出して、合計4人でランナー集団を形成していた。この様子はなかなか壮観であった。

最終走者の集団

そしていよいよ箱根駅伝ミュージアムを曲がり、そのすぐ先のゴール地点で手作りのゴールテープを切って感動のゴール!

ゴールの瞬間!

別に誰と争って勝った訳でもなく、本当の駅伝と比べたら倍以上の時間が掛かってるのに(しかもランナーの数は3倍以上)この達成感は何なんでしょう!

みんなに胴上げしてもらい、その後は「湯の里おかだ」でゆっくり温泉に入り、小田原まで戻って来て焼肉を食べました。そして、家に帰り着くと泥のように眠ったのです。という訳で、しばらく続いたシリーズ記事はこれにて終了!

箱根駅伝を実際にやってみた記録
(Excelファイルです)

…と思いきや、次回からはこの記事を見て「俺たちもやってみるか!」と思い立った人のために、どのように準備を進めたかについてもまとめておこうと思います。普通の読者のみなさまにはやや退屈かもしれませんが、どうかもうしばらくご辛抱ください。

準備編につづく

この記事の直リンク | こんなことやってみた | |
コメント
素晴らしい企画と記事でした!
楽しませていただきました。どうも有り難うございます。
ブラボー!
2012/09/10 9:52 AM by hagurin
コメントありがとうございます。お陰様で無事完走することができました。こういうことができるのも付き合ってくれる良い友人たちのお陰ですね。
2012/09/12 8:56 PM by ごん太
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック