TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 箱根駅伝を実際にやってみた【10】 | TOP | 箱根駅伝を実際にやってみた【12】 >>
箱根駅伝を実際にやってみた【11】

 前回のつづき。

○第17走者 キャッチャー(♂)
[ローソン箱根宮ノ下店 〜 フラワーセンター]

箱根を走るキャッチャー

高校時代は強豪校の野球部に所属、大学時代はソフトボールとアイスホッケーの2つのサークルを掛け持ち、社会人になってからは約20kmの距離を自転車で通勤するなど、常人離れした体力を持つキャッチャー(ちなみにバンド活動もしている)。今回は6kmを進む中で400mも登るという、今回最大の難所を担当。

しかし仕事が忙しい中での参加だったため、前日の睡眠時間はたった2時間。それも大手町のカラオケルームで前泊である。そんなコンディションだったにも関わらずハイペースで担当区間を走り切り、さらに最後のランナーである撫子にタスキを渡したあと、一緒に伴走してゴールまで走り切ってしまった(つまり第5区の後半を完走したことになる)。

こう書くと「そもそも設定が楽過ぎたんじゃないか?」と思われそうだが、第5走者のサムソンが事前に計画表を箱根駅伝では常連校の陸上部の友人に見せたところ、「素人がこの区間を走るならこの想定時間の倍はかかるよ」と言われていた(結局、予定時間内で走破した)。

次はいよいよ最終ランナーの撫子である。

この記事の直リンク | こんなことやってみた | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック