TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 箱根駅伝を実際にやってみた【4】 | TOP | 箱根駅伝を実際にやってみた【6】 >>
箱根駅伝を実際にやってみた【5】
前回のつづき。

○第5走者 サムソン(♂)
[横浜駅〜権太坂上]

第5走者のサムソンはスポーツ万能かつ箱根駅伝大好きという、今回の企画にうってつけの人物であった。走りでは難所の1つである権太坂を攻略し、走り終えた後にはビデオカメラを持って実際の箱根駅伝のような実況を入れつつみんなの走る姿を撮影してくれた。

そんな彼もやはり権太坂はきつかったらしく、途中かなりバテてペースが落ちてしまった。すると何と速足で歩く喪服のおばさんに抜かれるというハプニングが発生し、サムソンも「これはさすがにまずい…」と思ったらしく気合いを入れ直し、そこから再びペースを上げて最後まで力走した。

倒れこんでたすきを渡す


○第6走者 あんず(♀)
[権太坂上〜戸塚駅]

第6走者は色白で普段運動する姿をほとんど見かけたことがないあんず。しかし、今回の企画に向けて試しに走ってみたところ、予想外に走れることが発覚した。どうやら普段の生活でよく歩いていることから実は強い足腰を持っていたようである。彼女の担当区間ではごん太のテニス友達であるご婦人が二人応援に駆けつけて伴走してくれた。

あんずは手先が非常に器用であり(映画泥棒を作った際にアドバイスをくれたのも彼女である)、今回もその才能をいかんなく発揮して非常に格好いいゴールテープを用意してみんなを驚かせてくれた。しかし、明らかに2011年と書いたのを慌てて2012年に直した形跡があり、みなの笑いを誘った。

次のランナー、もろ松につづく

この記事の直リンク | こんなことやってみた | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック