TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 中学受験三大塾のテキストレビュー【3】 | TOP | 箱根駅伝を実際にやってみた【2】 >>
箱根駅伝を実際にやってみた【1】

私は数年前から「お正月の風物詩である箱根駅伝、あれを一度でいいから友達を集めて真似をしてやってみたいものだ」と考えていた。

そして先日(2012年5月)、ついにその計画を実行する機会に恵まれ、友人たちと箱根までの道のりを踏破することに成功した。そこで、今後しばらくはこの企画についてのレポート記事を掲載していこうと思う。

まず第一回目はこの企画の概要について。

【企画名】
箱根駅伝を実際にやってみた

【日時】
2012年5月26日(土)

【概要】
友人をたくさん集め、実際の箱根駅伝のルートを走る。東京の大手町からスタートし、ゴールの芦ノ湖を目指す。無事ゴールできたらみんなで温泉に入り、焼肉屋で祝勝会。

【もう少し詳しい概要】
走るのは自分たちだけで、どこか別のチームと競走する訳ではない。あくまで箱根駅伝のルートを走るという達成感を味わうのが目的。実際の箱根駅伝では東京〜箱根(往路)を5人のランナーが約20kmずつ走って110kmの道のりを走破してしまうが、素人集団の我々ではそんなのは無理なので18人という大所帯で挑む。これなら一人あたり6kmほど走ればいい計算になる。ランナーはたすきを持って自分の担当区間を走るが、それ以外のメンバーは3台の車に分乗してランナーと並走する。「並走する」と言っても実際にはそんなにゆっくり走ることはできないので、適当にランナーを追い越しつつ、たまに車を停めてランナーに声援を送ったり、写真を撮ったりする(次のランナーを乗せた車だけは気持ち早めに次の中継地点まで向かう)。早朝に出発すれば日没頃には箱根に到着できる予定なので、ゴール後は温泉に入り、小田原まで戻って来て焼肉を食べ、そのまま解散という流れ。

明日へ走る像

つづく

この記事の直リンク | こんなことやってみた | |
コメント
すごい!私もやってみたい
2019/01/12 2:30 PM by 箱根ファン
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック