TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 最後の20世紀少年 | TOP | 中学受験三大塾のテキストレビュー【1】 >>
続・最後の20世紀少年
前回、「2000年」という話が出たので、ついでにうるう年の話を。中学受験ではよく「2012年の7月9日は月曜日です。では、2011年の5月10日は何曜日でしょう?」といった問題が出題されます。これは日にちを数えて7で割るという方法で計算します。ただ、何年がうるう年になるのかというルールは覚えておかなければ解けないケースがあります(なので普通の中学受験生は後述するうるう年のルールを知っています)。

うるう年は次のように定められます。「西暦が4の倍数であればうるう年となる。ただし、100の倍数になっている場合はうるう年にはならない。ただしただし、400の倍数になっている年はやっぱりうるう年にする」

こうして文章にしてみるとヘンテコなルールですね。「うちの焼肉屋は食べ放題ですよ。ただ、相撲取りの方は例外ですからね。あ、でも舞の海さんは小柄だし節度がありそうな気がするのでOK!」みたいな感じでしょうか。

そういう訳で、我々の経験した2000年というのはうるう年でした。普通は100の倍数ならうるう年ではないのに、400の倍数であるがためにうるう年だった。これは文字通り400年に一度しか経験できない訳ですから、先日話題になった金環日食(次回日本で見られるのは北海道にて18年後)に比べてもレア度だけならかなり上です。この年の2月29日に生まれた子は何かすごい運命を背負っているような気がしてきますね…


【広告】2012年度生徒さん募集中です。もうすぐ夏休み、受験の天王山ですね。横浜で家庭教師を探すならぜひ長年のキャリアがあるごん太を一度ご検討ください☆

この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック