TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 奥さん発言集 | TOP | 最後の20世紀少年 >>
目と耳を疑った話
先日、授業後にどこか良いラーメン屋はないかと探していたら、博多とんこつラーメンのお店を発見した。

私はとんこつラーメンが好きなので早速入って注文したのだが、スープはぬるくて麺は粉っぽい。こりゃ店選びを失敗してしまった。まあ、世の中うまいラーメン屋ばかりじゃないよな…とか思ってラーメンを食べ続けていたら、少し離れた席に座っている常連っぽいおじさんが「この前、本場の九州に行ってきたけど、ここよりうまい店はなかったよ!」と言い放っていてまずワン驚き。店主の方も「まあ、そうでしょうね」みたいな、まんざらでもない顔をしている。

さらにこの常連が続けて「今度、俺も飲食業を始めることにしたんだ。内装工事で400万円かかったよ!」と言っていて、何屋を始めるのか知らないが絶対やばいだろとツー驚きした。聞こえてくる話では「ちゃんとコンサルタントにアドバイスもらいながら進めてるから大丈夫だぜ!」と言っていたが、コンサルタントの方もそこは仕事だから「お客さん、あなた味覚が変だから店やるのはやめといた方がいいよ」とはアドバイスしないだろう…などと勝手に心の中で思っていた。

ただ後日、自分もそんな食通ぶれる人間ではないということを思い知った事件があった。近所に住む友人夫婦がうちに遊びに来たのだが、その時に「親戚が送ってくれた冷凍餃子を持ってきたよ。なんでもすごく美味しいらしくて、いつも同じ店から買ってるんだって」と冷凍餃子を持ってきてくれた。いわゆるお取り寄せグルメってやつか。これは楽しみだ。そういう訳で、早速みんなで餃子パーティーを始めた。いい餃子だから焼き方にも細心の注意を払う。ちゃんと外側はパリパリになるようゴマ油なども使いつつ焼き上げると……確かにうまい!

そういった訳でたらふく餃子を食べて満足し、食後の後片付けをしている時にふと袋を見たら「幸楽苑」と書いてあるのに気付いた。あれ、幸楽苑ってラーメン1杯290円でおなじみのあの店か…?私もしょっちゅう行ってる店だけど、…確かお土産用の冷凍餃子は安い時だと30個420円という破格の値段で売られていたような…って言うか、食べ慣れた味のはずじゃないか…

ということで、まだまだ自分は「違いの分かる男」に程遠いということがよく分かりました。


【広告】2012年度生徒さん募集中です。勉強のことでは確実に「違いの分かる男」ですのでご安心を!

この記事の直リンク | ある日の出来事 | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.yawaraka-note.com/trackback/1063876
トラックバック