TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 鳩サブレとおっくう【1】 | TOP | 奥さん発言集 >>
鳩サブレとおっくう【2】
前回のつづき。

鳩サブレと言えばよく「頭から食べる?それとも尻尾から食べる?」ということが話題になる。この件に関して私と裕次郎の意見は一致している。その答は「どちらでもない。袋の中で食べやすい大きさになるまで割ってから開封して食べる」というものだ。この方法だと食べかすをこぼさずに食べることができるので、意外と採用してる人が多いのではないだろうか。かわいらしい形をしているので割ることに抵抗がある人もいるだろうが、私は「どうせ食べるのだから…」と割り切ることにしている。

実はこの鳩サブレ、贈答用に使われることも多いからか、袋の中で割れないよう工夫がしてあることにみなさんお気付きだろうか。今度鳩サブレを食べる機会があったら見て欲しいのだが、尻尾の下の部分でビニール袋が圧着されている。これにより鳩サブレは袋の中で動き回らず、割れるリスクを抑えることができるのである(参考ページ)。

話は戻って裕次郎だが、彼は言葉に関しても独特の常識を持っている。先日も「先生、おっくうって言う言葉、知ってましたか?僕、この前の国語の授業で初めて聞いたんですけど、これマジで日本語じゃないですよね?」と言ってきた。「う〜ん、確かにしょっちゅう使う言葉じゃないと思うけど、割と知られてる言葉じゃない?」「いやいや、だって面倒くさいって意味でしょ?それなら面倒くさいって言えばいいじゃないですか。大体、言葉の響きが日本語じゃないですよ。アフリカか東南アジアの言葉みたいじゃないですか」
言われてみればそんな気もする。ちなみに、私は逆に「癒着」という言葉は本当にくっ付いてる感じがするので「これってなかなかぴったりの言葉だよな」と常々思っている。一方、「約束を反故にする」の「反故」という言葉は、なんだか「保護」と音が同じせいで、まるで約束を「守っている」ような気がして違和感を覚える。そう言えば、この「反故」という言葉も微妙に難しい言葉だ。うちの奥さんも知らなかったらしく、先日次のような会話があった(実話です)。

奥さん「動物園に連れて行ってくれるって約束、どうなったの?」
ごん太「ああ、あの約束は反故だよ」
奥さん「ホゴ?ホゴって何なの?」
ごん太「なしってこと。約束はなしだよ」
奥さん「あんた、ボコにするよ」

※ ボコにするとは若者語でボコボコにするという意味です。


【広告】2012年度生徒さん募集中です。鎌倉の銘菓と言えば鳩サブレ、横浜の家庭教師と言えばごん太!気持ちは大きく持ってやっておりますので、ご相談があればいつでもご連絡を☆

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
コメント
ヤマダくん、奥様に座布団3枚あげて!
2012/05/19 10:45 AM by hagurin
あまり常識はないのに時々頭の回転がいいんですよね。でも誉めると調子に乗りますから座布団は取り上げることにしましょう☆
2012/05/20 8:02 AM by ごん太
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.yawaraka-note.com/trackback/1063871
トラックバック