TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 生徒と動物トーク【2】 | TOP | 生徒と動物トーク【4】 >>
生徒と動物トーク【3】
○馬とおばあちゃん

ある生徒と雑談していたときの話。

「うちのおばあちゃんは三重県に住んでるんですよ」

「うんうん」

「それで、おばあちゃんちの近くには多度大社っていう立派な神社があるんです」

「ふむふむ」

「それで、そこにはうちのおばあちゃんが『友達だ』と主張している錦山(きんざん)さんっていう馬がいるんですよ」

「と、友達だと主張している馬!?」

「そうなんです。それでこの前帰省したとき、おばあちゃんが『それをちゃんと見せてあげるから』と言って僕を多度大社に連れていったんです」

「うん、それで?」

「そこでは100円でニンジンを買って錦山さんにあげることができるんです。で、錦山さんはニンジンをもらうと柵の周りを1周して走ってくれるんです」

「へえ、そうなんだ」

「でも、実際は錦山さんは愛想がないので、ニンジンをあげても黙って食べて終わりっていうことがほとんどなんです」

「ふうん」

「で、うちのおばあちゃんがニンジンをあげても全然走ろうとしない」

「ありゃー」

「でも、おばあちゃんも錦山さんをじっと見つめて微動だにしないんです」

「おお、にらみ合い状態!」

「最後には錦山さんが根負けした形になって、しぶしぶ柵を1周してきたんですよ。それで、僕に向かって『ほら、見たでしょ?』って」

「なるほど…(笑)」

私はこの話を聞き、ある有名なクイズを思い出した。

○問題
ある民族が雨乞いの踊りをすると、必ず雨が降ります。なぜでしょう?

○答え
雨がふるまで踊り続けるから

このクイズは時に「成功するまで努力し続けることが大切だ」という教訓として解釈されることもある。このおばあちゃんもきっと生徒さんにそのことを伝えようとして……って感じでもないですね。きっと本人はいたって真面目に友達だと思っているのでしょう(笑)

(次回は土ボタルの話


【広告】2011年度生徒さん募集中です。お知り合いの方で家庭教師を探している方がいらっしゃいましたらぜひご紹介ください。成功するまで努力する。とてもいい姿勢ですね。ごん太は頑張る生徒さんを応援しています。勉強で困ったことがあればぜひご連絡を!

 

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック