TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 私のお勧めの臓器【1】 | TOP | おじさんたちの面白発言【1】 >>
私のお勧めの臓器【2】

前回までのあらすじ

免許証の裏に記載された「もし提供したくない臓器があれば×をつけてください。心臓・肺・肝臓・腎臓・膵臓・小腸・眼球」という一文を読み、自分の臓器は果たして人にお勧めできるほどのものなのか真剣に考えてみることにした。

まず私の眼球はお勧めできない。かなりの近眼だからだ。それに加え、私の奥さんを見れば分かると思うのだが、女を見る眼としての機能も決して十分でない。間違っても独身男性に移植するのだけはやめた方がいいだろう。

逆に、心臓・肺あたりはお勧めできる。私はタバコを吸わないので肺は綺麗だと思うし、何よりルームランナーから押し出されるまで必死に走り込んでいる…いや、待てよ。単にルームランナーから押し出されてしまうほどひ弱なだけか?

もう1つお勧めの臓器は大腸である。私は自慢ではないが非常に便通が良い(本当に自慢にならないことを声高に叫んでしまった)。お食事時中にこの記事を読まれていた方、大変申し訳ない。いや、食事をしながらパソコンの画面を見たり携帯を操作するのは少し行儀が悪いだろう。さあさあ、まずはいったん食事に集中して。

それで私の快便の話だが(しつこい)、私の奥さんなど私のことを「あなた、フンコロガシの生まれ変わりなんじゃない?」と言ってきたことがある。フンコロガシは別に自分でぷりぷりフンをしてそれを集めて転がしている訳ではないと思うのだが、言わんとすることは妙に強烈に伝わって来た(ちなみに、私が彼女のことをハイエナと呼んだら言い返された時の言葉である)。それ以来、私は何だかフンコロガシが他人には思えないような気がしている。

そんな訳で私としては大腸をお勧めしたいのだが、よく見ると記入欄に大腸が書かれていない。どうやら大腸は移植されるものではないようだ。軽く調べてみたところ、大腸を摘出すると小腸が大腸の代わりをしてくれるらしい。ふ〜む、なるほど…いやはや、残念。

【広告】2011年度生徒さん募集中です。お知り合いの方で家庭教師を探している方がいらっしゃいましたらぜひご紹介ください。え、フンコロガシなんかに習いたくないって?ちょっと待って!古代エジプトではスカラベと呼ばれて崇拝を受け、創造と再生の象徴だったんですよ!…って言うか、私はフンコロガシではありません!

この記事の直リンク | ミニコラム | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック