TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 無事産まれました | TOP | 私のお勧めの臓器【1】 >>
ジムで危機一髪

先日、ジムに行ってルームランナーを使いジョギングしていた。設定を高めにして結構なペースで走っていたのだが、途中で体力が尽きてしまい、一気に苦しくなった。

私は何とか粘ろうと努力したのだが、最後には高速で流れてくるベルトコンベアに押し流されてしまった(※良い子はマネしないでください。マシンは無理のない設定で…)。

ルームランナーから勢い良く押し出された私の背後に、太ももを鍛えるための大型マシンが迫る。こんなものにぶつかったらただでは済まない…。

そんなことを一瞬のうちに考えた私だったが、予想に反して私の背中は柔らかい感触に包まれた。「な、何が起こったんだ…?」

受け止められた方を急いで振り返ってみると、そこにはバランスボールを持って唖然とするおじいさんが立っていた。偶然にも私の後ろに、これからバランスボールを使ってトレーニングしようとしていた知り合いのおじいさんが立っており、私の身体はそのバランスボールでぼよよんと弾かれたのである。

「ご、ごん太ちゃん、今危なかったよ〜!」

「ほ、本当ですね…助かりました…」

私のドジが招いた出来事ではあるが、この1週間ほど前に私の父親がこのおじいさんの家に行ってパソコンの設定を手伝ってあげたという事実を考えると、あんなに絶妙のタイミングで、絶好の位置に、ちょうど良い道具を持って(もし手に持っていたのがダンベルだったらもっと悲惨なことになっていただろう)あのおじいさんが立っていたのは、何かの巡り合わせだったのかもしれない…。


【広告】2011年度生徒さん募集中です。お知り合いの方で家庭教師を探している方がいらっしゃいましたらぜひご紹介ください。私もインストラクターの人に相談していればあんなひどい目にあわなかったでしょう。ぜひ勉強のご相談はこちらまで!

この記事の直リンク | ドジな話 | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.yawaraka-note.com/trackback/1063814
トラックバック