TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
<< 新しいパソコン | TOP | ガスがない!【2】 >>
ガスがない!【1】

先日、原付で道路を走っていたらガス欠になってエンジンが止まってしまった。よりによって環状二号線という大きな道路(大体他の車は時速60〜80kmくらいで走っている)を走っているところだったのでかなり焦ったが、降り口付近だったためすぐに降りて、近くのガソリンスタンドまで原付を押していった。

するとこういう日に限って財布を家に忘れてきたことに気づく。ガソリンの入っていない原付はただの(非常に)重たい荷物であり、そんなものと二人きりで家からだいぶ離れた場所に取り残されてしまった場合、問題を解決する方法はなかなかないものだ。

しかしこの時、私は近くに自分の通っている歯医者があることを思い出した。「歯医者にお金を借りに行く」という経験はこれまでに一度もないのだが(と言うか普通の人はないだろう)、なんとなく歯医者さんなら私に貸してくれるくらいのお金は十分にある気がする。なんたってお医者さんだし、私が必要としているのはほんの100円程度なのである。

そういった訳で歯医者さんに飛び込んで事情を説明したところ、最初はかなり不思議そうな顔をしていたが、状況を理解すると快く500円玉を一枚貸してくれた。さすが歯医者さん、太っ腹である。

その500円玉でほぼ満タンにガソリンを入れ、私は無事家に帰ることができた(もちろん、借りた500円はその日のうちに返しました)。

私は自慢ではないが、財布を忘れた状態でガス欠に陥ったという経験は、これまでの人生でたった2回しかない。…と言うか、前にも一度あるのである(ちなみに、財布がある状態でのガス欠は数知れず)。

その時は今回よりもさらに波乱含みの展開であったのだが、それは次回の記事で書くことにする。

(つづく)

この記事の直リンク | ドジな話 | |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.yawaraka-note.com/trackback/1063794
トラックバック