TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
カッコウでいるのも楽じゃない【2】

前回までのあらすじ

竜之介にカッコウの託卵について説明したところ、「もしそんな場面を見つかりでもしたらどうなるんですか?」という素直な質問を受けた。答に困った私はこの問題について調べてみることにした。

結論から言うと

at home 教授対談シリーズ こだわりアカデミー
カッコウとオナガの闘い−托卵に見る進化 中村 浩志 氏

という記事を読めばすべての答を得ることができる。カッコウとオナガ(託卵される方の鳥)の戦いは熾烈であり、ここには自然界の厳しさと進化の過程が凝縮されている。

かいつまんで説明すると、

・江戸時代にはカッコウはホオジロという鳥に託卵していた。
・カッコウの卵は進化を重ね、ホオジロそっくりの模様にまで達した。
・しかしホオジロも模様の識別能力が進化し、カッコウの卵を識別して捨てるようになってしまった。
・そこでカッコウはターゲットを他の鳥に切り替えることにした。
・カッコウが現在のオナガに託卵をするようになったのはここ20年くらい。
・お陰でオナガの個体数は5分の1とか10分の1にまで激減した。
・普通に考えるとオナガは卵をすべて捨てられてしまうので絶滅するはずだが、ここ10年くらいで変化が起き始めている。
・オナガがカッコウに対して攻撃的になり、さらに卵の識別能力も向上してきた。
・これは個体の学習と自然淘汰により、攻撃的で卵の識別能力が高いオナガだけが生き残って来たからである。オナガの平均寿命は2年であり、ここ20年で繰り返された世代交代の中で進化が起きている。
・カッコウも今は卵の模様がホオジロに似てしまっているが、この先オナガの卵に似たものに進化していく可能性が高い。
・カッコウももはや託卵という方法でしか生き残ることができない種になっているため、この方法をいかにうまく行うかに種の存続が掛かっている。

私は今まで、カッコウはずる賢くて一方的に得をし、託卵される方の鳥はぼーっとしたお間抜けな鳥であるというイメージを持っていたが、実際は種の存続を掛けてお互い進化を重ねながら激しい生存競争を繰り返しているのであった。

私はこの話から教訓として「カッコウやオナガでさえ生存競争を勝ち抜くために進化の歩みを止めず戦い続けているのだから、いわんや我々人間が無為に日々を過ごしていいはずがない」ということを感じた。

少し本来の質問から離れたが、竜之介に対する答はこうなるだろう。

「もしそんな場面が見つかったら…オナガは鬼の形相でカッコウを追いかけてくるよ。何せ彼らは何代にも渡って一族を殺され続けてきた中でわずかに生き残った、特別に攻撃性の強いひと握りのオナガだからね」


【広告】ただ今 生徒さん募集中です。厳しい社会を生き抜くために、まずはしっかりとした学問を身につけませんか?この道20年のベテラン家庭教師が丁寧な指導をいたします。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

 

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
カッコウでいるのも楽じゃない【1】

先日、小学4年生の竜之介に理科を教えていたところ、問題の中にカッコウが出てきた。

カッコウと言えば託卵をすることで有名な鳥である。そこで私は

・カッコウというのは他の鳥の巣に行って自分の卵を産みつけ、その鳥に自分の子供を育てさせるという非常にずる賢い鳥なんだよ。

・しかもその際、巣に戻って来た鳥が卵が増えていることに気づかないよう、巣にある卵を1つ捨ててしまうんだよ。

・そして、カッコウのヒナはいち早く卵からかえると、他の卵を全部巣の外に捨ててしまい、親鳥の愛を一人占めするんだよ。

という、カッコウに関する割と有名な知識を一通り彼に説明した。

すると彼はその話に驚きつつも、彼の中でもっとも気になったであろうことを私に思い切りぶつけてきた。

「先生、もし、もしそんなことをしてるところを他の鳥に見つかっちゃったらどうなるんですか!?」

私はこの質問に大変意表を突かれた。

私はこのカッコウの話を多くの生徒にしてきたが、「卵の数を合わせるため1つ巣の外に捨てるんだ」とか「最終的には他の鳥は自分のヒナを全部捨てられてしまい、全く関係のないヒナだけを育てる羽目になるんだ」という、よく出来たシステムの面白さにばかり注目しており、人間として本来ならもっと素直に感じるべき「そんな大それたことをして、万が一見つかったらどうなるのか」というところまで考えが及んでいなかったように思う。

素直な心を持っており、そしてまだ成長段階にあるため日々の生活の中でやってはいけないことをして怒られるという経験が多い子供にとっては、カッコウがそんな大それたことをしてもし見つかったらどうなってしまんだろうという心配の方が、システムの面白さよりも先に感じられるのはもっともな話である。

私は竜之介に対し「も…もしその場面を見られてしまったら…?そ、そりゃあ気まずいよね…。相手もかなり怒るんじゃないかな…。ごめん、ちょっと不勉強でそういう時にどうなるのかまでは知らなかったよ。次回までに調べてくるから、これは私の今週の宿題とさせてください」

そして家に帰り、「しかしこんな話、調べたところで本当に答が見つかるかな…」と思いながらインターネットで検索を行ったところ、これまた非常に興味深い事実を知ることができた。

(つづく)


【広告】ただ今 生徒さん募集中です。たまにはこうして生徒さんの鋭い質問にはっとさせられることもありますが、教師として20年のキャリアがありますのでどうぞ勉強のことは安心してお任せください。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
閉じ込められた生徒さんを救出せよ!
先日、ご家庭先でちょっと変わった事件があった。

授業を行うため、あるご家庭に訪問したところ、お母様が血相を変えた表情で出てきて「実は竜之介が部屋に閉じ込められちゃったんです!」と言う。

よくよく話を聞いてみると、私が到着する1時間ほど前のこと、生徒の竜之介くんが部屋で勉強していたところ、なんとドアが開かなくなって出られなくなってしまったのだと言う。中からも外からも、ドアノブは動くのに、それに連動して三角形のラッチボルトが動かないのである。

ラッチボルト

「一応、レスキュー隊は呼んであるんですけど、いつ来るか分からないんです。先生、何とかならないですかね!?」と言われ、いつも偉そうに学問を教えている自分がこういった実生活の場において何もできないのでは沽券に関わる、何より授業が始められないので大変困ると思い、「分かりました。できるだけのことはやってみます!」と答えた。

しかし私も昔、扉を外して下の部分をヤスリで削る作業はやったことがあるものの(ドアの下部が床に接触していたため)、ドアノブとラッチボルトが連動しなくなった理由はさっぱり分からず、どのように対処していいものか悩んだ。

そこでスマホで調べてみたところ、そういう場合にはプラスチックのカード(ビデオ屋の会員カードのようなもの)と名刺が1枚あれば開けられると書いてあるページがあり、その方法を試してみたのだがうまくいかなかった。そこでカバンに常備してある少し大きめのクリップで開けられないか試してみることにした。

クリップを使います

↑上記のようにクリップを弧を描くように伸ばす。

クリップの差し込み方

↑そして上記のようにドアのすき間の上部から差し込み、再びラッチボルトの下から出してくる。これを手前に引けばラッチボルトが横方向に移動するので、この間にドアノブを持って開けてみたところ、見事ドアを開くことができた。

こうして生徒さんは部屋から脱出することができ、私たちは無事授業を始めることができた。ドアが開かなくなるケースは色々なものがあると思うが、もしドアノブを回してもドアが開かないという場合には、一度この方法を試してみることをお勧めします。


【広告】生徒さん募集中です。いよいよ受験シーズンも追い込みの時期に入ってきましたね。プロ家庭教師なら勉強のコツがつかめず前に進めないあなたの心のドアも開けることができるかもしれません。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪
この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
京都の攻めのおもてなし
先日、中学3年生のある生徒が京都・奈良へ修学旅行に行ってきた。

その時の話を聞いていたところ、普通の大人の世界では起こりえないような出来事が起きており、大変興味深いと感じたのでここに書き留めておく。

まずその生徒さんたちがホテルに宿泊したところ、翌日の朝に靴がきれいになっていたと言う。なるほど、さすがは古都京都のホテル。修学旅行生たちの靴をスタッフの方がすべて磨いてくれたということなのだろう。

しかしその生徒さんは続けてこのように言った。「でも、僕のだけパカパカしたまんまだったから、ひどいなと思いました」

え?

「パカパカしてるってどういうこと?ひょっとすると靴底がはがれてスリッパみたいな状態になってるのに、その靴のまま修学旅行に行ったの!?」

「はい。」


パカパカ靴


「ええ、信じられない!」

「でも周りのみんなも結構そうでしたよ。それで、みんなのは直ってたんです」

むむ。

なんだか一瞬にして中学生男子の摩訶不思議ワールドに引きずり込まれ、あまりの話の展開に理解が追いつかなくなる。

「ちょっと待ってね。まず確認したいんだけど、パカパカしてる靴で修学旅行に行くということ自体が信じられないんだけど、そんな子が別に珍しくもなく、周りに何人もいたってこと?」

「はい、そうです」

「な…なるほど。それで次の話なんだけど、それが直ってたってどういうこと!?」

「だから、ホテルの人がボンドみたいなのでくっ付けてくれて、帰る時にはみんなの靴は直ってたんです。でも僕のだけ直ってなかったから、ひどいなって思ったんです」

「えー!ホテルの人がそこまでしてくれたの!?でもみんな、なんでホテルの人が直してくれたって気付いたの?」

「出発しようとしたら靴のところにカードが置いてあって、直しておきましたって書いてあったから。」

なるほど。つまりこのホテルはパカパカした靴がいくつかあることに気付き、これからまだたくさん歩く予定の修学旅行生たちがそんな靴では歩きにくかろうと思い、夜のうちにボンドで靴底を貼りつけて修理しておいてくれたということである。

この生徒さんの靴だけは修理されておらず、彼は少し不満そうな表情をしていたが、おそらくホテルの人が壊れていることに気付かなかったか、時間がなかったか、ボンドが切れたかなどであろう。だがそもそも「パカパカした靴で旅行に行くのは当たり前じゃないんだよ」ということ、そして「ホテルの滞在中に靴が直してもらえるのは当たり前じゃないんだよ」ということを声を大にして彼に伝えたい。

中学生の男子というのは我々が思っている以上に色々なことに無頓着であったり、不思議な価値観を持っていることが多く、大人の世界とは様相が異なる世界を作り上げている。

もし相手が大人だった場合、万が一そういった壊れた靴をホテルに履いて来ても、ホテル側がそれを直しておくということは考えにくいと思う。そんなことをされたら普通であれば恥ずかしくていても立ってもいられなくなるだろう。しかしそこは中学生男子。「お、ラッキー!俺の靴直ってるし!」という受け止め方になるのである。それにしてもこのホテル、泊まっている間にお客さんの靴を直してしまうなんて、かなりの「攻めのおもてなし」と言えるのではないだろうか。ちなみにこのホテル、旅行サイトのじゃらん.netで調べたところ5点満点の評価で総合でも4点台、接客・サービスは4.8点という高評価であった。さすがである。

ところで、後日テレビを見ていたらテレビ東京で『ローカル路線バスの旅』という番組の総集編をやっており、その中で蛭子さんの靴がパカパカしていることに気付いた太川陽介さんがボンドで修理してあげるというシーンがあった。どうやら蛭子さんは中学生男子がそのまま大人になった人と言えるようだ。


【広告】2015年度 新規生徒さん募集中です!中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しております。このホテルに負けないような攻めのおもてなしの授業をご提供します。横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪
 
この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
ハイエンドの車椅子が欲しくて
今年から指導している生徒さんに足が不自由で車椅子生活を送っている子がいる。その生徒さんと話していると自分が今まであまり知らなかった世界のことを聞くことができ、非常に興味深い。今回は車椅子について聞いた話をまとめてみたいと思う。

竜太郎
「やっぱりアメリカ製の最新型の電動車椅子が欲しいんですよ」

ごん太
「僕もパソコンやテニスラケットで新しいモデルが出るとすぐ欲しくなっちゃうタイプだよ」

竜太郎
「まあ、車椅子は生活に欠かせない身体の一部ですからね」

ごん太
「ああ、そっか。パソコンやテニスラケットと同じに考えてはいけないよね。新しいモデルは今のと比べてだいぶ違うの?」

竜太郎
「はい。やっぱりアメリカとスウェーデンの車椅子って進んでるんですよ(※ともにバリアフリー先進国)。日本では普通、4輪が多いんですけど、これは6個タイヤが付いていて、戦車みたいになってるんです」

ごん太
「せ、戦車…!」

竜太郎
「それぞれのサスペンションが独立していて、オフロードも走れちゃうんです」

ごん太
「それはすごいね!もう人間の行動範囲と言うより車の世界だ」

竜太郎
「はい、でもこれはメリットが多いんですよ。例えば亀が坂を登っていくとき、お腹が少し浮いてくるじゃないですか」

ごん太
「いや、亀は坂を登る時にぴったりくっついて登るからお腹は浮いてこないと思うけど、言いたいことは分かるよ。重さが後ろに掛かるから、車椅子の前輪が浮いてきちゃうってことでしょ?」

竜太郎
「そうです。ああ、亀はお腹浮きませんか。で、普通の車椅子は坂を登るとき前輪が浮いてきちゃうんですけど、このモデルは自動的にそこを調整して地面を踏みしめるような形になるんです」

ごん太
「そっかあ。でもそんなにしょっちゅう坂を登るものなの?僕の日常生活ではそんな急坂を登ることってあんまりないけど」

竜太郎
「それなんですけど、考えてみてください。普通の人が階段を登るとき、車椅子の人はスロープで行きますよね。だから坂を登ることって結構多いんです。しかもそのスロープがかなり急なことも珍しくないんです」

ごん太
「ああ、なるほど!だから坂を登る性能が重要なのね」

竜太郎
「そうです。あと他にもメリットがあります。回転半径が小さいから急ターンが簡単にできるんです」

ごん太
「へえ。急ターンもやっぱり重要なの?」

竜太郎
「はい、エレベーターとかトイレに乗った時はターンする必要がありますから大切なんですよ。バリアフリーのトイレでも狭いところだとターンができなくてすごく入りづらいんです」

ごん太
「な…なるほど…。聞けば聞くほどその6輪モデルは素晴らしい車椅子のようだけど、やっぱり高いんだよね?」

竜太郎
「はい。車1台買えちゃいますね」

ごん太
「車1台!」

竜太郎
「そうです。100万はしますね」

ごん太
「そっかあ…車なんかは大量生産することによって安くできるけど、車椅子は少量生産だからなかなか価格も下がらないんだろうねえ」

竜太郎
「はい、それにオーダーメイドですから。」

ごん太
「そうなんだ!」

竜太郎
「はい、アメリカの電動車椅子はちゃんと背中とか腰の位置とか測ってから作るんです」

ごん太
「へえ……」

竜太郎
「車でも日本車は軽くて燃費がいい、外車は重いけど頑丈って感じですよね。車椅子もそれと似たところがあります。これも重さ100kg以上ありますから」

ごん太
「ええ、そんなに重いの!?僕の乗ってる原付のほぼ2倍だ!」

竜太郎
「市の方に補助金の申請をするんですけど、これがなかなか通らないんですよねえ」

ごん太
「そっかあ。やはりなかなか難しいんだね…。早く申請が受理されることを願っているよ」


【広告】ただいま2014年度新規生徒さん募集中です。車椅子もオーダーメイドが乗り心地が良いようですが、勉強でもできればオーダーメイドが一番です。横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪
 
この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
リスニングが始まらない【2】
前回のつづき。

非常にユニークで素晴らしい天然ボケを連発してくれる中学1年生の竜太郎。そんな彼が今回、英検4級を受験することになった。

早速、過去問題集とそれに対応したリスニングCDを購入し、試験本番に向けて一緒に取り組むことにした。

まずは筆記の方から進めたのだが、なかなか出来がいい。

「よし、竜太郎。筆記の方は割と良くできてるじゃないか。それじゃあ、今日の授業はここまでにするから、来週までに後半のリスニング問題を一度自分でやっといてくれ。次回の授業では間違えた問題を中心に見直しをしよう。CDプレーヤーは持ってるよね?」

「はい、あります」

「よし、じゃあ頼んだぞ」

そんな宿題を出し、私は家路についた。

そして翌週、竜太郎の家に行ってみると…

「先生、宿題のリスニングですけど、ずっと聞いてたんですけど全然問題が始まらなくて…できませんでした」

「えー、本当に??確かに実際の問題が始まる前に少し説明の放送が流れるはずだけど、そこまで長くないでしょ。本当にちゃんと聞いてた?」

「はい、20〜30分は聞いてました。他の作業やりながらですけど」

「えー、変だなあ。よし、じゃあ今日は一緒に聞いてみようか」

CDプレーヤー
「このCDは、英検4級全問題集CDです。問題は3つのパートから成ります。1つ目のパートでは…(中略)…説明は以上です。では問題を始めます」

ごん太
「(よし、ここから問題が始まるぞ…)」

CDプレーヤー
「……このCDは、英検4級全問題集CDです。問題は3つのパートから成ります…」

ごん太
「…あれ、戻った?…あ、リピートモードになってるじゃないか!」

竜太郎
「…え、そうだったの?」

ごん太
「おいおい、竜太郎…おかしいと思わなかったの?何回も同じ内容が繰り返されてたでしょ〜」

竜太郎
「…いや、適当に聞いてたんで…」

ごん太
「え〜、それだって流石に気付くでしょ〜!」


そんなことがあり、彼の記憶力は大丈夫なのかといささか心配になった。そしてその日の休憩時間での出来事(※この頃はちょうど年末の時期でした)

ごん太
「いやあ、年末・年始ってのはジャンプが出ないから寂しいねえ。早くワンピースの続きが読みたいよ」

竜太郎
「先生、去年の今くらいも同じこと言ってましたよ」

ごん太
「お前、記憶力いいじゃんかよ!!」


【広告】本格的に受験を目指す生徒さんから、このようにのんびりと自分のペースで勉強したいという生徒さんまで、どのようなタイプの生徒さんも受け付けております。横浜で家庭教師をお探しの方がいらっしゃいましたらいつでもご連絡ください。お待ちしております♪
 
この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
リスニングが始まらない【1】
現在指導している生徒の一人に中学1年生の竜太郎という子がいる。この子の天然ボケっぷりが相当のもので、毎回どんな面白い発言をしてくれるか非常に楽しみである。いくつか例を挙げてみよう。

----

算数ですごろくの問題を解いていた時のこと。

竜太郎
「え、サイコロで3が出たら自分のいるマスが1だから、2マスしか進めないんじゃないんですか?」

ごん太
「そんな訳ないだろ。ちゃんと3マス進めるよ」

竜太郎
「えーっ!僕今までずっと損してた!」

----

ごん太
「昔、南アフリカではアパルトヘイトと言って黒人を差別する政策を取っていたんだよ。黒人はレストランに入れないとかいうこともあったんだよ」

竜太郎
「じゃあ、パソコンで食料を注文しないと…」

ごん太
「いや、そんなのないから」

----

理科の問題を解いていた時のこと。

ごん太
「カブトムシは何を食べますか?」

竜太郎
「昆虫ゼリー」

※ 昆虫ゼリーとはカブトムシの飼育のためにペットショップで売られている定番のエサ。ちなみに模範解答は樹液。

----

竜太郎
「豚ってエサに何食べるのかなあ。やっぱ豚かなあ」

ごん太
「絶対違うと思うよ」

----


英語の定期テストで『今のあなたの気持ちを形容詞を1つ使って表しなさい』という問題が出された時の彼の回答。

『Kanashii.』

※ ちゃんと最初が大文字、最後がピリオドで終わっているところが憎い。

----

同じく英語の定期テスト。『I eat rice for breakfast. を否定文に直しなさい』という問題に対する彼の回答

『I eat bread for brekfast.』

※ あながち間違ってないような気はする。

----

夏休みの宿題で学校から課題図書として一人一冊ずつ本が配布された。その本を読んで書いたはずの感想文の書き出しが「僕がこの本を選んだのは題名が面白いと思ったからです」。嘘つくな、課題図書として配られたからだろ!

----

学校の理科の実験レポートで顕微鏡で観察した食塩をスケッチするというものがあった。そして彼の書いたスケッチがあまりにも汚いので

「竜太郎、実験の時にあんまりよく見えなかったんだろ?こういう時は教科書とか資料集にある写真を見て写しちゃえばいいんだよ!そういうところは要領よくやらないと!」

「それ、教科書にある写真を写したんですけど…」

「……え?」

----

…とまあ、一例を挙げただけでもこんなユニークな生徒であるのだが、最近さらに驚くような出来事があった。次回はそのエピソードをご紹介したいと思う。

つづく


【広告】本格的に受験を目指す生徒さんから、このようにのんびりと自分のペースで勉強したいという生徒さんまで、どのようなタイプの生徒さんも受け付けております。横浜で家庭教師をお探しの方がいらっしゃいましたらいつでもご連絡ください。お待ちしております♪
この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
それは彼の時計ではありません【3】

前回のつづき。

翌日、竜馬は再び生活指導部に足を運び、先生に結果を尋ねた。

「もう一人の生徒に君が言った2つの特徴を聞いてみたよ。そうしたら彼はその特徴を全く知らなかった。そしてついに白状したよ」

こうして彼はやっと自分の腕時計を取り戻すことができたのである。

私はこの話を聞いていくつかのことを感じた。まずこの腕時計はいくらくらいする物なのか。彼に頼んで実物を見せてもらったところ、別にロレックスやオメガなどの高級時計という訳ではなく、いたってシンプルなシチズン製であった。「これって1万円くらい?」と尋ねたところ、「いや、7〜8万くらいしますよ」という。

私には分からなかったが、今回「その時計は俺のです!」と言いに来た生徒たちはこの時計の価値を知っていた可能性が高い。目の利く生徒が多いのはさすが進学校だからだろうか。しかもこのうちの1人は、文字盤の裏に書いてある情報まで先生に伝えたと言うのだから、かなりの下調べをして本気で手に入れようとしていたことが分かる。

高校生にしてかなりの目利きで、そして目的に向かって入念な準備をする姿にはある意味感服するが、生活指導部が相当にお灸を据えて説教しないと、こういう子こそがオレオレ詐欺のような知能犯に向かってしまう可能性が高いのではないかと感じた。

ちなみに、残り2人のうち1人は本当に腕時計をなくしており、後日、彼の腕時計も生活指導部を通して無事に返却されたそうである。しかし、その腕時計は竜馬の腕時計とは似ても似つかぬデザインのものだったらしい。このからくりは何となく予想がつく。

よく雨の日にコンビニなどで自分の置いておいた傘がなくなっていたら、「俺は確かにここに1本傘を置いておいたんだ。だからこのうち1本は俺が持っていく権利があるはずだ!」というよく分からない心理状態に陥ることがないだろうか?私が思うに、その生徒はきっとこの心理状態になってそんな行動に出たんではないかと予想している。

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
それは彼の時計ではありません【2】

前回のつづき。

翌日、竜馬はまた生活指導部へ足を運んだ。

すると先生が「あの後、改めて他の3人に聞いてみたところ、そのうち2人は(自分の物ではないと)白状した」と言う。しかしやはり「細かいところまで説明してくれた子は、まだ自分のだと主張し続けている」そうなのだ。

竜馬は何とか自分のものであると証明する方法はないものかと悩み、次のように提案した。

「先生、分かりました。そんな裏面にどういう文字が書いてあるかなんて知りませんけど、これは絶対持ち主しか知らないだろうっていう特徴を覚えているので、その特徴を彼が知っているかどうか確かめてみてください」

その特徴というのは、時計についている一番大きなボタンを押すと、針がぴゅーっと先の方まで進んでいき、さらに連続して押すと元の位置までぴゅーっと戻って来るというものである。また、文字盤上にあまり目立たないのだがよく見ると赤い矢印が4ヶ所に刻まれているというものである。

この2点について、「自分の物だ」と主張している人がちゃんと知っているかどうか確認して欲しいと頼んだのである。

(つづく)

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |
それは彼の時計ではありません【1】

進学校に通う高校2年生の「竜馬」から聞いた、非常に興味深い話。

ある日、竜馬が学校で腕時計がなくなっていることに気付いた。そう言えば美術の時間に外したかもしれない…いや、職員室に行ったときかな…

そこで彼は落し物を管理している生活指導部へ向かった。そこには落し物の写真を載せたファイルが置いてあり、早速それを確認させてもらったところ、確かに彼のなくした腕時計が載っていた。

「あ、先生!これです、これ俺の腕時計です!」

すると先生はこう言った。

「この時計が自分のだって主張する子、君で4人目なんだよねえ」

えー!ど、ど、どういうこと!?

先生はさらに続けてこう言った。

「今まで来た3人のうち、1人はすごく細かい特徴まで話してくれたよ。裏にこういう文字が書いてありますとか。君はそういうの説明できる?」

竜馬は思わず叫んだ。「そんなの知る訳ないでしょ!!でもこれは絶対に俺の時計ですよ!」

しかし話はらちが明かず、結局「また明日改めて来てくれ」ということになった。

つづく

この記事の直リンク | 生徒さんの話 | |