TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
吸熱反応について

化学実験をする女性

 

理科で出てくる知識なのだが、化学反応のほとんどは発熱反応であり、吸熱反応は数が少なく珍しい。そうすると生徒は「じゃあ、吸熱反応ってどんなのがあるんですか?」と聞いてくることが多いので、私自身もきちんと説明できるよう、吸熱反応の代表的なものをまとめてみた。理科を勉強している生徒さんの参考などになれば幸いである。


【主な吸熱反応】

◇化学変化
- 植物の光合成(太陽のエネルギーを利用して有機物を生成)
- 塩化アンモニウム+水酸化バリウム→塩化バリウム+アンモニア+水
- 炭酸水素ナトリウムの熱分解(熱分解は基本的に吸熱反応)

◇物理変化
- 尿素や硝酸アンモニウムの水への溶解


【瞬間冷却パックについて】
袋状になっていて、たたくと冷える瞬間冷却パックには硝酸アンモニウムや尿素が入っている。これは化学反応ではなく、2つの物質がそれぞれ水に溶解することで温度が下がる仕組みになっている。

ある中学2年生の自由研究によると
・尿素だけの場合:冷却温度は高めで、保冷時間は長い。
・硝酸アンモニウムだけの場合:冷却温度は低く、保冷時間は短い。
・2つを混合した場合:冷却温度は低く、保冷時間も長い。
ということで、この2つの物質を混合しているらしい。

【冷えピタについて】
冷えピタは気化熱を使っており、化学反応や溶質の水への溶解ではない。


【その他】
化学変化では塩化アンモニウム、水への溶解では硝酸アンモニウムが出てくるなど、吸熱反応にはアンモニアがよく登場するというイメージがある。何か理由があるのかもしれない。


【広告】ただ今、主に来年度の生徒さんの予約を承っております。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので、横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
ハングドマン(hanged man)について

英語の不規則動詞の1つに hang(掛ける・首吊りにする)がある。

hang は「物を掛ける」といった普通の意味で使う場合は hang - hung - hung と活用するが、「首吊りにする」という意味で使う場合は hang - hanged -hanged と活用する。この知識自体は高校レベルのものであり、ある程度勉強している生徒さんなら知っている人も多いと思う。

私はこの2種類の活用を間違えないよう、タロットカードにあるハングドマン(吊られた男)を利用していた。「吊るされて処刑された男がハングドマン → 首吊りにする方が hanged」

そして、先日もある生徒さんにこの覚え方を伝えたのだが、その生徒さんはタロットカードを見たことがないというのでスマホで画像検索して見せてあげることにした。その結果が以下である。

hanged man

生徒:「…首つりになってないですね?」
ごん太:「そ…そうだね…これって、どういう状況なのかな?」

と、微妙に気まずい雰囲気になってしまった(笑)

そこで、この件に関してネイティブスピーカーの人に聞いたりインターネットで調べて分かったことを以下にまとめておく。

○hanged man について
タロットカードのハングドマンはそもそも、その由来と意味に曖昧さが残るカードである。ただ、どうやらその由来はイタリアの刑罰にあるらしく、その点から考えると「ただ吊るされている」のではなく「刑罰的に吊るされている」のであり、首ではないものの hanged man という名前が付いたと解釈するのが適当だと考えられる。

ハングドマンはルネサンス期の刑罰・またはさらし絵(という刑)が元となっているようで、さらにルーツをたどると古代ローマ法典に端を発するらしい。このように、由来をたどればたどるほど実際の刑罰だったことが伺える。

○処刑目的以外で人が吊るされている場合の表現
その次にまた別の疑問が湧いた。タロットカードのハングドマンはやや特殊な状況なので別として、処刑目的ではなく、例えば人質として縄で縛られて吊るされている場合は hung を使うのだろうか?例えば下記の状況である。

suspended dora

この点についてネイティブスピーカーの人々に意見を募ったところ、「tied up and suspended(縛られて吊るされている)」または単に「tied up」を使うと答えた人の割合が多かった。また、この状況に hung を使ったとしても問題ないという意見もあった(実際、hanged man の英語版のWikipediaには「a man being hung upside-down by one ankle」と書いてある)

○金田一少年の事件簿との関係
基本的な調査結果はここまでなのだが、念のため友人のドクターKにこの件について相談したところ、彼はネイティブスピーカーではないが「処刑的なものは全般的にhangedなのでは?」と今回の正解に近い意見を提示してくれた。それとともに、「『金田一少年の事件簿』のタロット山荘殺人事件で、犯人が君と同じ勘違いをしていてそれが原因で追い詰められていたよ」と教えてくれた。私もその話を読んだ記憶があるが、ハングドマンの正位置などすっかり忘れていた。彼の記憶力がすごいと言うか、単に私の記憶力が悪いのだろうか…(苦笑)


【広告】ただ今、今年度の生徒さん(空き少)、および来年度の生徒さんの予約を承っております。タロットカードのハングドマンはその凛とした表情から「自らに試練を課しており、これを乗り越えるとカードが逆位置となって片足でも立てるバランス感覚が備わった人間となる」という解釈もあるそうです。苦しい勉強に励むみなさまの姿に重なりますね。あなたを逆位置にするお手伝いならお任せ下さい!中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので、横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | ミニコラム | |
おうちでビー玉ボーリング

ビー玉ボーリング1

 

今この記事を書いているのはお盆真っ最中である。

どこへ行っても混んでいるので、混雑や渋滞が嫌いな私は特に必要がなければ出掛けないようにしている。しかし、夏休み中である5歳の娘は「何かして遊んでくれ」と頼んでくる。

そこで、焼け石に水ではあるが、前からちょっとやってみたいと思っていた遊びをすることにした。名づけて「おうちでビー玉ボーリング」。

ルールは
・家にある積み木や日用品を使い、ビー玉が転がるレーンを作る。
・ビー玉を転がして遠く離れたゴール地点までたどり着けば成功。
・途中で止まったりせず、1回の投球で遠いゴールまでたどり着くと結構嬉しい。

それだけのゲームである。

 

ビー玉ボーリング3

 

私と娘は今回、リビングから台所のゴミ箱まで行くコースを作った。レーンの壁に継ぎ目があると、そこにビー玉がぶつかった時に勢いが失われたり止まったりするので、何回か微調整を行いながらトライした結果、最終的にゴールにたどり着くことに成功した。娘も10回くらい投げたらゴールにたどり着くことができた。

ビー玉さえあれば、あとは家にある色々なおもちゃ・日用品でコースを作ることができるのでお金もかからないし、コースを作るちょっとした創造力、そしてコースのごちゃごちゃ感の割にビー玉がすーっと美しく転がっていく様子が楽しめる遊びである。

上級者になって来たら途中にピタゴラスイッチ的な要素も入れると楽しいかもしれない。ただ、片づけはちょっと大変。費用対効果的には何人かでやった方がいいのだろう。


【広告】ただ今、今年度の生徒さん(空き少)、および来年度の生徒さんの予約を承っております。プロ家庭教師のごん太が合格へのガイドラインをご案内しますので、あとは転がるビー玉のように合格に向かって突き進んで下さい♪中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので、横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を!

この記事の直リンク | こんなことやってみた | |
高校生用 不規則動詞一覧

今回は私が授業で使っている高校生用の不規則動詞一覧プリントをご紹介します。

見てみたい・使ってみたいという方は下記より印刷またはダウンロードして下さい。

 

●STEP1(全2枚)

高校生用 不規則動詞一覧1

 

●STEP2(全6枚)

高校生用 不規則動詞一覧2

 

○特徴
・高校生に覚えて欲しい不規則動詞を初級・中級・上級の3段階に分けて20個ずつリストアップし、合計60個を収録しています。
・STEP1ではまずその動詞の意味を覚えてもらいます。そしてSTEP2にて動詞の活用を覚えてもらいます。
・動詞は各級でアルファベット順に並んでいます。まずは初級から始めて、すべて覚えられたら次の級に進むようにしてもらえるとよいと思います。

 

○参考

上記のプリントに収録されている不規則動詞の一覧を以下に記します。

[初級]
1 arise 生じる
2 awake 起きる・起こす
3 beat 打つ
4 bend 曲がる・曲げる
5 blow 吹く
6 feed えさをやる
7 hang 掛ける・首をつる
8 lie 横になる
9 lay 横にする
10 mistake 間違える
11 misunderstand 誤解する
12 overcome 打ち勝つ
13 oversleep 寝過ごす
14 quit やめる
15 ring 鳴る
16 shake 振る・揺れる
17 shoot 撃つ
18 shut 閉める
19 spread 広がる・広げる
20 steal 盗む

[中級]
21 bear 産む・耐える
22 bind 縛る
23 bite 噛む
24 broadcast 放送する
25 burst 破裂する
26 cast 投げる
27 deal 扱う
28 dig 掘る
29 forbid 禁じる
30 forecast 予報する
31 freeze 凍る
32 hide 隠れる・隠す
33 leap 跳ぶ
34 light 明かりをつける
35 overtake 追いつく・追い越す
36 seek 探し求める
37 sink 沈む
38 strike 打つ
39 tear 引き裂く
40 upset ひっくり返す

[上級]
41 bet 賭ける
42 breed 育てる
43 burn 燃える・燃やす
44 kneel ひざまずく
45 overhear もれ聞く
46 rebuild 建て直す
47 rewrite 書き直す
48 sew 縫う
49 spit つばをはく
50 split 割る
51 spring 跳ぶ
52 stick 突き刺す
53 stride 大またで歩く
54 swear 誓う・ののしる
55 sweep 掃く
56 swing 揺らす
57 undergo 経験する
58 weave 織る
59 weep しくしく泣く
60 withdraw 引っこめる

 

以上、みなさんの英語学習の手助けになれば幸いです。

 

【広告】ただ今、今年度の生徒さん(空き少)、および来年度の生徒さんの予約を承っております。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので、横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | 勉強のコツ | |