TOP >> あそびのページ >> 机の下の秘密基地
机の下の秘密基地
……プロ家庭教師ごん太の小さな発見……
マルチリンガリズム

最近、ある大学生の英語を指導する中で、マルチリンガリズム、つまりコミュニケーション手段として二つ以上の言語を目的や場面に応じて使用することに関する英文をたくさん読んでいる。

興味深い話題が多く、自分の備忘録も兼ねてポイントを箇条書きしておく。

・西洋や日本では1つの国で1言語という状態が当たり前のようになっているため勘違いしがちだが、世界的に見ると多くの地域において多言語状態がごく普通に存在している。

・家である言語を話し、学校や会社では別の公用語を話す、というのが典型例。他にも両親が違う言語を話している場合など色々なケースがある。

・違う言語とまではいかなくても、ある言語において標準語と各地方ごとの方言が存在する場合、広い意味でマルチリンガリズムが存在していると言える。

・日本の敬語もマルチリンガリズムの一種として解釈すると説明がつくことが多い。

・ある人物がバイリンガルであることを知ると、1言語しか話せない人はその人に対して尊敬や憧れの感情を抱く一方、ある特定の文化にネイティブとして属していないという点で自分より劣っていると考える場合もある。

・マルチリンガリズムの状態では、複数使われている言語において「これは地位が高い言語」「これは地位が低い言語」というような認識が生まれる場合が多い。

・例えばある国では公用語となっている英語が「高い言語」となり、地元で元々話されていた言語が「低い言語」となる。また、方言においても標準語が「高い言語」となり、逆に色濃い方言が「低い言語」となる。

・「高い言語」が「高い言語」とみなされる理由は、そこに権威や文学的な歴史が伴うからである。ただし、「低い言語」は気心の知れた仲間内で使い、本心を伝え合ったり連帯感を高め合うことができるという重要性がある。

・例えばアメリカの英語とスペイン語の両方が使われている地域では、職場では英語、帰り道のお喋りはスペイン語、政治経済の話題は英語、近所の噂話はスペイン語で、というような使い分けが行われるケースがある。

・パラグアイではスペイン語とグアラニ語という言語が使われており、スペイン語が高い言語、グアラニ語が低い言語となっている。興味深い話として、田舎の若い男たちは女性にアプローチする際、まずはスペイン語を使う。これは洗練された印象・丁寧な印象を与えるためだと考えられる。一方で、実際に付き合って仲良くなったらそこからはお互いグアラニ語でコミュニケーションを取るようになる。日本でも最初は敬語で話しかけ、少しほぐれてきたらため口になるというのも同じパターンと言えるかもしれない。

・方言に関して言うと、社会的地位が上がれば上がるほど、使われる方言の数が少なくなる(標準化された言葉を使うようになる)。一方で社会的地位が低い人々はそれぞれの地方色が強い方言を使う傾向がある。イギリスの軍隊で言えば、上層部はクイーンズイングリッシュでコミュニケーションを取るのが当たり前だが、下の方の兵隊たちは自分の田舎の英語を使って話し続ける。

・世界的に見てマルチリンガリズムが何も変わったことでないのであれば、幼少期から英語を学ばせることについて「脳が混乱してしまう。まずはどちらかの言語をきちんと身に着けさせるべきだ」という主張は説得力を失うかもしれない。

これらと直接は関係ないのだが、同じくマルチリンガリズムに関して最近非常に面白いと感じた話。ある生徒がある多人数オンライン対戦ゲームにはまっているのだが、日本人とマッチングすることもあれば外国人とマッチングすることもある。その際、(どこの世界にもいるものだが)粗野なプレーヤーは平気で汚い言葉を使って対戦相手(や時には味方)をののしってくる。これをゲームの世界では「煽り」とか「煽る」と言う。そしてその生徒曰く、「日本語で煽られるとやっぱり本当に頭に来るんですよ。でも、英語で「stupid!」とか「foolish!」とか煽られても、なんか「ふ〜ん」って感じで意味は分かるんですけど受け流せるんですよね。」と言っていた。私はこれには、日本特有の事情、つまり日本人にとって英語は学校の教科書や活字で読むことが多く、実際に対人で使う機会は少ない。よって、どこか人間味がないと言うか、頭で一度解釈されるというプロセスを経るため、感情の深いところまで入ってこないのが原因なのではないだろうかと思っている。

 

【広告】ただ今、来年度(2019年から)の生徒さんの予約を受け付けております。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので、横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

 

この記事の直リンク | ミニコラム | |
暗記への取り組み方

私がどの生徒さんにも必ず配っているプリントの1つに「英語の不規則動詞リスト」がある。

中学生用
http://blog.yawaraka-note.com/?eid=1064043

高校生用
http://blog.yawaraka-note.com/?eid=1064044

それほど変わったものではなく、覚えて欲しい不規則動詞の一覧を、問題編と解答編に分けてプリントにしたものである。

そして最近、どの生徒さんにも同じプリントを配っているからこそ、このプリントに対するアプローチが生徒によって微妙に異なり、そこに潜む原因に思い当たることがあったので記事にしてみることにした。

まずこのプリント本来の使い方として作成者である私がイメージしているのは、「問題編に直接書き込むことは行わない。ノートや裏紙などに書いて練習を行い、間違ったものにはチェックマークをつける。そして繰り返し練習を行う」である。直接書き込みを行ってしまうと1回しか練習ができないし、またこのプリントの解答欄は実際に書き込みを行うにはやや小さくなっている。

私は生徒に「このプリントの1番から10番までを覚えてきて下さい」というような形で宿題を出すのだが、過半数の生徒は特に指定しなくても上記のようなやり方をしてきてくれる。

一方で、以前から一定数の生徒が「練習してきた?」と聞くと「はい、やりました」と言って書き込みを行ったプリントを見せてくる。「これって1回こうやって書いただけ?」と聞くと「はい、そうです」と答える。「1回書いたくらいじゃ覚えられなくない?」と聞くと「そうですかねえ…?」とやや曖昧な返事が返って来る。

今までは「やはり生徒によって暗記に対する取り組み方に違いがあるのだな。中学生くらいだと決して不真面目だからという訳ではなく、繰り返しやらなければ暗記はできないということがまだ分かっていない子もいるんだな」という風に考えていた。

しかし最近、その傾向を後押しする1つの原因に気付いた。このように書き込みを行ってくる生徒は公立中学に通う生徒が多いのである。公立中学には1つの共通した傾向がある。それは各科目とも「ワーク」と呼ばれる副教材があり、それらを仕上げて提出することが平常点となる。教える側からしても、学力にかなりばらつきがある生徒を一元管理するため、ノートに演習するなどの小難しい作業を避け、「とにかく与えたテキストを直接書き込み、そのものを提出する」というシンプルな方向性で課題を出す。すると、決して勉強が苦手でない生徒でも「勉強する→問題を解いて書き込む→以上」というイメージを持ってしまうことがあるようである。

私は何もこの公立中学のやり方を批判している訳ではなく、それはそれでいいので、余裕がある生徒はそれに加えて「暗記物はリストを作って繰り返し練習する」とか「書き込んで解いていく中で自分ができなかったものには印をつけ、後で2周目を行うときに分かるようにする」などの工夫を行い、ただ「提出すること」がゴールではなく、「自分が何をできるようになればゴールなのか」ということをはっきりとイメージするべきである。指導者側からすると、各科目の内容面に加え、そういった学習のあるべき姿勢というものも含めて指導を行う必要があるだろうと思う。

 

【広告】ただ今、2018年度の生徒さんを若干名募集しております。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので、横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | 勉強のコツ | |
大量発生は突然に

5月14日、横浜のオフィスタワーに入っている教室で授業をしていたところ、15時頃に突然、窓に大量の羽アリがくっ付いていた。みんなで「なんだこりゃ、気持ち悪いね」と話していた。

その後、別のあるご家庭に授業に伺ったところ、やはり突然、室内に羽アリが1匹出現し、ご家庭の方も驚かれていた。

さらに夜に帰宅したところ、我が家でもベランダに羽アリがいたと家内から聞かされた。

「横浜で羽アリが大量発生しているのだろうか?」と恐ろしくなり、ツイッターやWebで調べたところ、どうもこれは珍しい現象ではないようである。

「4月〜5月の雨が降った翌日、蒸し暑い日」というのは、普段隠れるようにして生きている白アリの一部が、羽アリとなって一斉に飛び立つ絶好期なのだそうである。羽アリたちは新しいコロニーをつくるためにこのような「結婚飛行」(羽アリには雄も雌もいて、色々なコロニーのアリが同時期に飛行することで別のコロニーのアリ同士で交配し、近親相姦を避ける。また捕食されるリスクを下げる)を行うものの、実際の自然環境は厳しく、だからと言ってこれらの白アリが次々と新しいコロニーを作れる訳ではないらしい。

今年の5月14日は気象条件が揃っていたため、各地で羽アリが多く発生していたようである。その結果、他の生き物の動きも活発になり、そして虫好きのツイッター民の活動も活発になっていたようである(彼らの情報はかなり参考になりました)。

ちなみに、翌朝、私が近所のイオンに買い物に行ったところ、朝一番にも関わらず大量の老人が店内にあふれ返っており、「高齢化が進んでいるとは聞いていたが、まさかこれほどの事態になっているとは…」とショックを受けた。ところが、しばらくして館内放送で「毎月5日、15日の5がつく日は、55歳以上のお客様に5%引きのセールを実施しております。イオンカードのご提示をお忘れないようお願いします!」という案内が流れて来て、そういうことだったのかと納得した。

世の中、大量発生には必ず原因があるようである。


【広告】ただ今、2018年度の生徒さんを若干名募集しております。中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので、横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | ある日の出来事 | |
ワードウルフ対戦記

アナログゲーム

 

先日、教室で生徒さんや他の講師と集まって『ワードウルフ』というパーティーゲームをやった。

〜ワードウルフとは
--------
ワードウルフというのは最近若い子の間で流行っているゲームで、普通はスマホの専用アプリを利用して行う。

まず最初に参加者全員がトークの「お題」を確認する。具体的に言うと、1台のスマホを一人ずつ順に回していき、自分の「お題」を確認したら次の人に渡す。このとき、基本的には全員同じお題が表示されるのだが、一人だけ別のお題が表示される。この際、自分が多数派なのか少数派なのかを知ることはできない。

こうして全員が「お題」を確認し終わったら、約3分間、全員でそのお題について話し合いを行う。このとき、自分の「お題」が何であるかということを直接口に出してはいけない。そうして話し合いを進める中で、一人だけどうもおかしい人がいるということが分かってくる。一定時間が経過後、おかしいと思った人を全員で指差し、少数派を当てることができれば多数派の勝ち、逆に当てることができなければ少数派の勝ちである。つまり、話し合いの中で自分が少数派であることに気付いた人は、できるだけ気付かれないようにうまく話を合わせる必要があるという訳である。
--------

私は最近、このゲームにはまっており、よく教室で生徒たちとお昼ごはんの時間などを利用してプレーしているのだが、先日の試合では見事なまでに生徒たちに叩きのめされてしまった。以下はその試合の記録である。

まずみんなのお題は「マスク」で、私だけが「伊達めがね」であった(もちろんこの時点ではまだ私は自分が少数派であることを知らない)。

このゲームで最初に口を開くのはなかなかリスクがあるのだが、私はあえてそこで攻めていく。

「今回のお題は…身につける…ものだよね…?」

みんながうなづく。よし、いい感じでゲームに入ることができたぞ。

すると隣りの女の子が

「季節によって、つける・つけないが変わりますよね?」

と言う。すると、みんな「うん、うん」とうなづいている。

おや、伊達めがねは季節によって使用頻度が変わるとは思えない…。この時点で私は早くも自分が少数派であることに気付いた。

こういう時はみんなの会話を集中して聞く方に回るに限る。いちはやく多数派のお題が何であるかをつかむことが重要だ。ちなみに、このゲームでは全く関係のないお題が2つ提示されることはなく、何らかの共通点を持っているが微妙に異なるお題が提示される仕組みになっている(「スキー」と「スケート」など)

しばらく聞き続けた結果、私は「多数派のお題はサングラスに違いない。季節によって使う頻度が変わるのは夏と冬のことを言っているのだ」と推理した。

そこからはちょこちょこみんなの発言にも加わり、「ちゃんと分かってますよ、僕も多数派ですよ」というアピールをする。本当のお題は「マスク」なのでボロが出てもおかしくなかったはずだが、「年に1〜2回くらいしかつけないかなあ」とか、あまり不自然にならない発言ができていたと思う。

しかし終盤、ある男子生徒が「プロレスにもある意味、関わりが深いですよね」と発言し、私の頭の中が混乱する。「サングラスとプロレスに関わりが…?確かに蝶野正洋とかサングラスをかけているイメージがあるが、ほとんどのレスラーは普通そうじゃないぞ…。推理を間違えたのだろうか…」と20秒ほど考えた結果、「分かった、今回のお題はマスクだったんだ!」とひらめく。

「そうだよね。別の意味で言うと、プロレスとも関係あるよね!」と、急いで相槌を打つ。

そして話し合いの時間は終了。いよいよ判定に入る。「せーの!」という掛け声とともに各自、自分が怪しいと思う人を指差す。……全員の指が私を指している。

「なんで分かったの!?結構うまく誤魔化せてたと思うんだけど!」

すると最後の発言をした男子生徒が「プロレスの話題を出したとき、気付くまでにちょっと時間が掛かってましたよね。本当に『マスク』というお題を知っていたらもっと早く反応できたはずです。それに、わざわざ『別の意味で言うと』なんて言わないですよ」と鋭い指摘。少数派をあぶり出すために、探りの狙いでこの発言をしたらしい。

さらにもう一人の女子生徒など「今回はごん太先生、いつもよりみんなの会話に対して反応が薄かったから、最初からおかしいと思ってました」と言う。私の普段の様子はしっかりと把握されており、そしてそれと比べると今回は少しおかしいぞということを冷静に分析していたらしい。何と言う洞察力なのだ…(しかも私はこの生徒さんとはお昼ごはんの時間しか会う機会がないのでそんなに観察されているとは思いもしなかった)。

とまあ、実際のゲームはこんな感じで進む。アプリも無料でDLできるし、1ゲームがさくっと終わるので、ぜひみなさんも一度やってみてはいかがでしょうか?


【広告】ただ今、2018年度の生徒さんを募集しております。ゲームでは生徒さんに負けてしまうこともありますが、お勉強の方は私の土俵です(笑) 中学受験・高校受験・大学受験・英検対策など幅広く対応しておりますので、横浜で家庭教師をお探しの方はぜひ一度ご相談を♪

この記事の直リンク | こんなことやってみた | |